スタイリッシュな片面フラット/ビンディングペダル KCNC「クリップレスプラットフォームペダル」

坂バカスタッフRYOです。

突然ですが私は自転車3台持ちです。

・ロードレーサー
・MTB
・ツーリングバイク

本当はシンプルに1台!というのが理想形ではあるのですが、そうはいきませんね( ̄ー ̄)

その中でもツーリングバイクは多方面に活躍してくれています。

思い付くところで、グラベルライド、キャンプツーリング、シクロクロス、ポタリング、お買い物。

色々活躍してくれてるのですが、使い方によってペダルを交換するのだけは面倒です(×_×)

そんな時にピッタリなのが、片面フラット/片面ビンディングのKCNCペダル。

普段はフラット面を普通の靴で。

走りに徹したい時はビンディング面を、専用シューズと固定することで力をしっかり伝えてくれます。

この手のペダルも、最近は種類が増えてきたのですが、重くて野暮ったいものがほとんどです…

いかにも初心者向けという感じがぬぐえません。

 

【KCNC クリップレスプラットフォームペダル】

KCNC ペダル

パッと見だけで今までのペダルとは雰囲気がまったく違いませんか?

KCNCは、CNCによる金属切削を得意とするメーカーです。

このペダルでもそれは存分に発揮されています。

 

【シンプル&スタイリッシュ】

ボディは1個のアルミの塊から削り出されています。

強度を計算して、必要の無い箇所は徹底的に削り出し。

もちろんペダルをしっかり踏めるよう、踏み面も考えられています。

この削り出しにより、結果的にボディはシンプル&スタイリッシュに仕上がっています。

まさに機能美ですね。

 

image

側面から見ると、この薄さ。

このようなタイプのペダルはどうしてもボッテリとした厚みが出てしまうのですが、スリムに仕上げることに成功しています。

 

image

さらにアーレンキーで脱着するタイプにしたことも、美しさに貢献しています。

ペダルレンチを掛ける場所が必要ないので、スピンドルがシンプルです。

ちなみにスプリングやピンまでオールシルバーというカラーは珍しいです。

クラシックなバイクにも似合うのは貴重ですね。

 

【レーシングペダル並の超軽量】

KCNC 片面ビンディングペダル

実測重量は330g。

これなら下手なレース用ペダルより軽いです。

重量がかさむからと、片面フラット/ビンディングペダルを敬遠する理由は無くなりましたね(^_-)

 

【カートリッジベアリングの滑らかな回転】

image

ベアリングはカートリッジシールドベアリング。

手でスピンドルを回してみると、かなり滑らかにヌメーッと回ります。

 

【滑り止めピン付きでMTBライドにもOK】

image

ネジ式で交換可能な滑り止めピンがついているのも特長です。

こういったタイプのペダルは基本的に街乗り向けのつくりが多いです。

これならフラット面をオフロードで使っても、ピンがしっかり靴底に食い付いて滑らず、まったく問題ありません!

 

【その他の詳細もどうぞ】

image

しっかりとした化粧箱に入っています

 

image

クリートはシマノSPDタイプ

 

image

ビンディング固定力の調整もできます

 

商品ページはコチラ

https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/product/%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0-clipless-platform/

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (13 votes, average: 4.15 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。