手を汚さずに簡単手入れ「PEDROS」の「チェーンマシンキット3.0」

いろいろ自転車に新しいパーツをこだわって付けているが、チェーンは真っ黒なんて方、多いのではないのでしょうか。

チェーンの清掃は、面倒くさい、手が汚れる・・・

わかります。面倒くさいですよね。

そんな時は!【チェーンマシン3.0】

DSC_0359

用意するものは、チェーンマシン、オレンジピールズ(キットなら同梱)、ウエス、水、チェーンオイルです。

汚れが飛んでしまうので野外や、マットの上などでの作業がおすすめです。

DSC_0368

洗浄前は、真っ黒ですね。

DSC_0336

チェーンマシンをセットし、オレンジピールズを容器に約1cm注ぎます。

DSC_0339

 

上部の赤いボタンを押しながら、クランクを回転!

次は、水を入れクランクを回転、乳化させます。

DSC_0341

ウエスをチェーンにあて、浮き出た汚れを拭き取ります。

こんなに真っ黒!

DSC_0342

きれいに拭き取ると、こんなにピカピカに!

DSC_0345

水気を十分に乾かし、オイルを忘れずに。

DSC_0372

あとは、洗面器等にオレンジピールズを流して完了です。

オレンジピールズは水溶性のため、流しても大丈夫なのです。

DSC_0348

きれいになる秘密は、104本のブラシ!

ギア駆動によって、表面だけでなく、チェーンの内部も洗浄します。

DSC_0357

チェーンの表面を拭き取っても、ピカピカに見えるだけで、

重要なのは、チェーンの内部を洗浄することです。

内部を洗浄することで、変速性能とチェーンの劣化も抑えます。

なによりも、チェーンがきれいな自転車に乗っていると、気持ちがいいです♪

ぜひ、こまめなメンテナンスで快適なサイクルライフを!
 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+