FELTの変速性能を上げる隠れたグレードアップパーツ「7075CNCディレーラーハンガー」

CNC削り出し製法による高い精度と、7075アルミニウムの高剛性により、変速の質感を  グッ!と上げる隠れたグレードアップパーツです。

 

こんにちは!ライトウェイプロダクツジャパン 一 の坂バカ、プロモーションスタッフ RYO です!!

この前、伊豆の方へロングライドに行ってきました!

南伊豆は風が強いですね^^; そう、駐輪時にバイクを倒してディレーラーハンガーを曲げてしまったんです…

そこで、予備でストックしていたディレーラーハンガーに交換することにしました!

 

ただの補修用パーツではないんです!

DSC_0241

素材は7075アルミニウム。

強度の高さで有名なアルミ素材です。いわゆる「超超ジュラルミン」というやつ。

変速時にディレーラー周辺には意外と大きな負荷がかかるのですが、ハンガーが高強度なのでブレません。

これが変速のカッチリ感を生み出してくれます。

 

DSC_0247

アルミの塊から削りだすCNC製法です。

角が立っていて見るからに精度が高そうでしょ?

 

DSC_0253

↑ 上の写真は、2013 FELT F75 に付属のハンガー。こちらはCNCではありません。

もちろんこれでもちゃんと変速してくれます。

ただ、より高強度の7075CNCハンガーにすると、全然フィーリングが違いますよ!

 

DSC_0249

裏面も見てください。

精度が高いので、フレームにキッチリ隙間なくはまってくれます。

ボルトはステンレス製で、錆びにくく頑丈。

 

重量は?

↓ 7075CNCディレーラーハンガー

DSC_0251

↓ 完成車付属ハンガー

DSC_0252

ちょっとだけ軽くなりました。3gだけ(笑)

 

ハンガー曲がってなくても交換していいんです!

トップグレード以外の完成車には、基本的に通常タイプのハンガーが付属してきます。(FRDグレード、1、2 グレードはCNCハンガーの場合が多いです。)

カラーも、ブラック、シルバー、ブルー、レッドの4色展開。

DSC_0250

小さいボルトは電動コンポ専用フレームで使用するサブボルト。フレーム側にネジ穴が開いていないバイクの場合は使用しません。

あなたのFELTバイクの質感を上げるグレードアップパーツ。

補修用と言わず、ライディングがより気持ちよく楽しくなるパーツなので交換しちゃってください!!

 

さらに詳しいスペックや価格の情報はこちら

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (8 votes, average: 4.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter