インプレッション コミューター パニア 2 | THULE Pack ’n Pedal 公式サイト

独自機構を採用する次世代パニアバッグ
 スウェーデンに本拠を置くスーリーといえば、自動車積載用のサイクルキャリアなどでお馴染みのブランドだが、じつはサイクルキャリアとサイクルバッグも多彩なラインナップを誇る。最大のトピックスはバッグとキャリアをそれぞれ専用設計し、システム化しているところ。「Pack’n Pdal」と名付けられたこのシステムは、バッグの上部はフックで、下部はマグネットでキャリアと固定するという画期的な構造を採用する。これによりバッグの着脱はより簡単に素早く行えるようになった。また、自転車から外した際には上部のフックを内部に収納することが可能というのも大きな特徴だ。裏面に出っ張りがなくなり、付属のストラップを付けることでふつうのショルダーバッグとして持ち運びができる。この「コミューターパニア」は程良い容量と15インチPCが入れられるインナーポケットを装備するなど、通勤使用に最適なモデル。会社に着いたらバッグごと素早く取り外してオフィスへと持っていけるので利便性はかなり高いだろう。スーツにはあまり似合わないバックパックを背負って自転車通勤をしていた時代はもう過去になるかも知れない。ちなみにスーリー以外のキャリアでも取り付け自体は可能である。
ショルダーバッグとして使った状態。
一般的なパニアバッグのように突起物がないのでしっかりとフィットする。
 【取り付け方法】
キャリアに取り付けるためのフックはループを引っ張ってクルリと回転させることで収納可能。裏面がフラットになるためショルダーバッグとしても違和感なく使える。
内容量に応じて本体の高さを調整できるロールトップ式を採用する。レインカバーが付属。
スーリー・コミューター パニア 2の商品詳細ページはこちら

スーリー・トートのインプレッションはこちら