ロードレース アジア選手権に弱虫ペダルサイクリングチーム所属の 唐見実世子選手が日本代表として出場

ライトウェイプロダクツ ジャパン株式会社(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:髙島 義人)は同社が日本の輸入・販売元を務めるロードバイクブランド「Felt Bicycles」によるサポートチーム「弱虫ペダルサイクリングチーム」所属の唐見実世子選手がミャンマーのネピドーを舞台に2月8日から12日に開催される「第38回アジア自転車競技選手権大会」へ日本代表として参戦することを発表いたします。

環境が整っていない10 年以上前から海外への挑戦を続け、女性版ジロ・デ・イタリアと呼ばれる「ジロ・ドンナ」やアテネ2004 年オリンピックに日本代表として出場した経歴を持ち、東京2020 年オリンピックでの活躍も期待される唐見選手の活躍にご期待ください。

 

レースに臨む唐見選手より、コメントを寄せていただきました。

~唐見実世子選手 コメント~
「いよいよロードシーズンが開幕しました。今シーズンもFELT のバイクでレースに挑みます。 個人ロードレースでのアジア選手権は2007 年以来、個人タイムトライアルは2004 年以来になります。久しぶりの日本代表で不安もありますが、以前に比べ精神的にも体力的にも強化されていることが実感できておりますので、今持てる力を全てぶつけてこようと思います。
また、今シーズンは、AR FRD を供給して頂く事になりました。今までのFR1 も全く文句のつけようのない素晴らしいバイクだったのですが、AR FRD は、ハイエンドモデルによくある硬すぎる素材という訳でもなく、エアロ形状だからと言ってコーナーリングや下りに癖がある訳でもなく、エアロ形状の良いところだけが生かされているバイクだと思いました。
ロードレースにはハードなトレーニングは欠かせませんが、AR FRD で戦う事で機材面で他の選手に比べかなりのアドバンテージが取れると思います。アジア選手権を始め、今シーズンのレースがとても楽しみです!」

唐見選手が使用するFelt AR FRD

 

選手略歴

名前 唐見 実世子(からみ みよこ)
主な戦歴
2001  全日本シクロクロス選手権大会 優勝
2002  全日本シクロクロス選手権大会 優勝
2004  全日本選手権個人タイムトライアル 優勝、ロードレース 準優勝
アテネオリンピック個人ロードレース 41 位
2016   JBCF 実業団 女子フェミニンツアー 総合優勝
2017   JBCF 実業団 女子フェミニンツアー 総合優勝

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+