自転車散歩道 2008年 2月 下町:谷中散策

今日は散歩に白髪のおじさんが参加してくれました。
池袋で集合して日暮里駅近くの谷中まで走ってきました。
まだ春は遠い・・・。
防寒対策はしっかりと。

  到着してすぐ、気になるお店を発見!
“乱歩°”という喫茶店です。
ここでお茶をしていこう。
 
  江戸川乱歩とネコが大好きなマスターが営む喫茶店。
とってもゆっくり出来るいい雰囲気の喫茶店です。
今まで来たお客の雑記帳を見るふたり。
いろんなおもしろいコメントがぎっしり!
 
  雰囲気のよさに時間を忘れてまったりしているカマ吉。
チーズケーキもおいしいな。
 
  少しのんびりしてお店をあとにすると、すぐ隣になにやらきれいな看板。
“いせ辰”というお店で江戸時代からある千代紙のお店でした。
 
  かの有名な、江戸川乱歩の小説『D坂の殺人事件』
の“D坂”とは、
ここ、“団子坂”。
結構急だけどギア付きだからラクラクのぼりきれました。
 
  とってもいい陽気。
小路に入れば風もないし、気持ちいいね。
 
  団子坂を登ると趣のある建物を発見。
文京区の“鴎外記念室”といって森鴎外の旧居跡なんだって。
 
  当時の庭の石もそのまま残っているんだね。
時代を感じます。
静かで時が止まったようです。
 
  続いて訪れたのが夏目漱石旧居跡。
当時のものは何も無く、石碑だけが建っています。
ここで「吾輩は猫である」が書かれたんだね~。
 
  「おっ、ちょうどネコが来たよ!」
と、白髪のおじさん。
でもあれ???
なんか変だぞあのネコ・・・。
 
  近づいてよく見てみると、ネコの石像でした!
とってもかわいいです。
 
  いしやきいも屋さんもいます。
散歩するとお腹が空くし、気になるお店もたくさんあって、誘惑に負けちゃいそうだけどここはガマン、ガマン。
前へ進むべし。
 
  ここによってみよう!
ということで根津神社に到着。
境内は思っていたよりも広く、静かです。
 
  神前結婚式に遭遇。
幸せを少しだけ分けてもらったような気がしました。
 
  この“楼門”は、国指定重要文化財です。
4月になるとつつじがきれいに咲くそうです。
 
  うまそうな、たい焼き屋の行列を発見!
誘惑に負けて早速並ぶカマ吉。
よだれが出てきます。
 
  買ったと同時に食らいつくカマ吉。
猫舌なのを忘れて舌をやけどしました。
あんこが多くてパリッとした皮が新しい食感でした。

おいしいなぁ!!

 
  「旨い地酒あります!」白髪のおじさんはたい焼きよりもこっちでした。
 
  お土産に地酒を買いました。いいお店を見つけた、と白髪のおじさんもご満悦。
 
  また少し走るとヒマラヤ杉と商店のバランスがいい場所を通る。

きっと昔からこんな感じなんだろうね。

 
  昔ながらの銭湯を改装したギャラリー。
古き良き時代の建物がいい雰囲気。
 
  丘の上から見る谷中銀座。
夕方は夕焼けがきれいなんだって。
 
  ここの階段は、小説家の森まゆみさんが
「夕焼けだんだん」
と名づけたことで有名です。
今度は夕方にきてみたいね。
 
  谷中銀座をねり歩く二人。
もうそろそろ帰る時間だね。
 
  そういえば、夏目漱石のお墓が池袋の雑司が谷霊園にあるんだよ。
旧居跡にもいったし、最後にお参りして帰ろう。
 
  ここがお墓だよ。
夏目って書いてあるね。
広くて静かな霊園です。

寒いから外に出るのがいやな季節。こたつでぬくぬくしていたい季節。
寒い時期は脂肪がたまりやすい時期。少し走れば体もあったかくなって健康にもいいよ。
あったかい格好をして近くの駅の周りを散策したり、少し遠くまでいったり。
行き先を決めていくのも、決めずにいくのも楽しいよ。
新しいライススタイル、始めてみませんか。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter