いつもの一台を特別な一台へ オグラ輪業 インタビュー

東京都江戸川区の「オグラ輪業」の店主、小倉様にインタビューを行いました。

2021年オープン、サイクリストにはお馴染みの荒川サイクリングロードの平井大橋近くに位置するお店です。 オープンスペースになった入口からは、温もりを感じる木目調のカフェのようなお洒落な店内を見渡すことができ、入りやすい雰囲気です。

ちなみに内装の大部分は、様々な材料をリサイクルしたり、色を塗ったりした手作りとのこと。これだけでも十分ワクワク感がありますが、もっとワクワクする面白い自転車も並んでいます。

古い一台で今のライドを楽しむ「レストモッド」

―どんなお店でしょうか?

カーボンバイク等のレースをする、早く走りたいといった車体でなく、自分のペースでのんびりと走ることが楽しくなるような自転車を扱っています。
選んだ自転車を長く乗り続けることができるように、幅広いメンテナンス・洗車サービスの提供、目的に合わせてフレームから自転車を組み上げたりもしています。
プライベートでもクロモリバイクを愛用している為、クロモリバイクで色々と提案することも多くなってきました。
昔々に購入したオールドバイクを現代のパーツを取り入れて乗りやすくする、”レストモッド”を提案しています。外部のフレームビルダーやフレーム塗装工場と関係を築けたので、フレームへの工作や古くなった塗装のやり替えも案内できるようになっています。

 

「レストモッド」とは古いバイクでも生産年代のパーツにこだわらず、今の時代に乗りやすいパーツを使ってどんどん乗って頂くというスタイル。

古い自転車も元気に活躍するのは、サスティナブルな生活スタイルに合っていますね!実用性がアップするのはもちろん、好みにドレスアップも出来たら一層愛着がわきそうです。この地域は町工場が多く、メッキを手掛ける工場もあり、珍しい「銅メッキ」のフレームやパーツも作成実績があります。

ピストフレームを銅メッキ+クリア塗装した1台。他の素材では出せない独特な輝き、カラーや質感にもこだわりツーリング用に仕上げたパーツアセンブルにも見入ってしまう。
同じ銅メッキでも雰囲気が変わるナチュラル仕上げ。次第に色が変化するエイジングを楽しめます。他にもメッキのパーツが随所に使われマニアックな一台!

 

―特にどんな種類の商品に力をいれていますか?

古い自転車の整備にはパーツに対する深い知識も必要。そしてドレスアップにもこだわります。

普段着で乗ることが似合うような雰囲気の柔らかいクロモリバイクを重視しています。
そもそもクラシックな見た目で時代が変わっても、いつまでも変わらない、いつもの自転車として乗り続けることができます。
レース・アートが歴史背景で多いヨーロッパ系のクロモリバイクブランドに比べて、当店で扱っているアメリカ系クロモリバイクブランドのオールシティ、フェアデール、SOMAはポップカルチャーよりで性能を求めたスポーツウェアでなく、気兼ねなく使えるアウトドアウェアのような存在です。
最新のパーツでアップグレードするより、見事に仕上げられたパーツで飾る、ドレスアップが楽しくなるでしょう。

KCNCのパーツはカラーも豊富で、ドレスアップ用に重宝しています。クランクのSTAMP1もカラーが多いので、クロスバイクの手軽なカスタム用にもおススメしやすいですね。

クロモリバイクの特色として”早く走る事以外”が得意です。
通勤・通学に使う、買い物に使う、ツーリングを計画する、自転車で旅に出る。
荷台をつけて荷物を積んだり、泥除けを取り付けて雨の対策をしたり、乗り心地をよくするためにタイヤサイズを大きくしたり、鉄の金属特性も合わさり様々な使い道へカスタマイズもできる事も魅力です。

 

ドレスアップは敢えて色を揃えることにこだわらず、スモールパーツの色を前後変えたり、アウターを1本だけ違う色にすると、ポップな仕上がりになるとのこと。オリジナリティ溢れる自分だけのバイクに愛着もひとしおになることでしょう。

 

―ライトウェイ取り扱い商品で特に力を入れているブランドを教えてください。

スタイルスソノマアドベンチャーは雰囲気が良く、すっきりとしたデザインから長く使う上で飽きがこない車体で落ち着いたカッコよさから、常に店頭にあるようにしています。

キッズ・ジュニアバイクのZITシリーズも実際にサイズの違いを確認できるように、それぞれのサイズを展示しています。

 

ライトウェイバイクの特長として「カスタムで色々なパーツを取付けられる余地がある」のがメリット。ソノマアドベンチャーのフロントのダボを生かして釣り竿を付けられるようなカスタムなど、お客様の方からアイデアを頂くことも多いとか。キッズ車は現物を見てみたいというご要望が多いそうです。

超レアなスタイルスの限定モデルBOTANIZEコラボバイクも展示中。クラシカルな外観は木目調のインテリアによく似合います。

―荒川サイクリングロードも近い立地ですが、飛びこみの修理等も多いですか?

やっぱり多いですね。特に予約等は無いので、何かトラブルがあったら気兼ねなくご来店ください。

 

ツーリングに出かけても、土地勘のない出先でトラブルが発生すれば余計に不安になります。頼れるショップの存在を知っていると心強いですね。

―これからご来店になるお客様へメッセージをお願いします。

購入後引っ越ししてなじみのショップが離れてしまった、最近何だか自転車の調子が悪い、汚れが積もっているが、自宅に洗車するスペースがない。
スポーツバイクを乗り始めてみると、今まで普通のお買い物自転車しか乗ってこなかった方にはわからないことが多く、相談する手段で悩んでしまっている場合もあると思います。
直接店舗に遊びに来てもらってついでに気になっていることがあれば、お尋ねください。

荒川サイクリングロード沿いに店舗を構えています。

 

気軽に自転車の話をしに来てほしいとのこと。店内の様々なワクワクするバイクを前に、話が盛り上がること間違いありません!

オグラ輪業

WEBサイト:https://ogurin.tokyo/
〒132-0035
東京都江戸川区平井5-37-13稲葉ビル一階
03-6657-2813

営業時間 11:00~20:00

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。