GT「GRADE カーボン 105」ファーストインプレ 山中真~GRADEはCXレースで使えるのか?

皆さん こんにちは今年 2018年よりGT Bicyclesサポートライダーになりました山中 真です。
よろしくお願いします。

私の一発目のインプレッションは今話題のグラベルロード GT GRADEカーボン105

まだ乗り始めて一ヶ月の新米ですが、練習 シクロクロスレースに使用しました。

グラベルロードってオフロードを走っても強度は大丈夫?って実際自分も思ってました。

東海シクロクロス C1カテゴリーで使用

シケインでバニーポップしたり落車したりしましたが全く問題ありませんでした。

GT Bicyclesの特長 トリプルトライアングルが採用されており、細いシートステイがトップチューブまで伸びています。(凄く綺麗なシルエットです)

これにより後ろ側の振動吸収性が高く、オフロードの凸凹した場所でも確実にペダルを回せタイヤが路面に吸い付くような感覚がありました。

本来のシクロクロスバイクよりBB高が低くホイールベースが長めなので重心が低く走っていて安定感が安心感へと変わります。

フロントフォークは細いですが15mmスルーアスクルで横方向の剛性には強くなっています。

ヘッド角度がねているので縦方向の振動吸収に優れています。

振動吸収性のバランスが進む力に変わる

フロントフォーク、トリプルトライアングル 前後の振動吸収性のバランスが良く前に進む力に変わってくれます。

ホイールベースが長めでヘッド角度がねているフレーム設計、レーシングバイクとは真逆です。

速く走る技術、パワーがないと進まないのがレーシングバイクですが、自分のような一般ライダーには安定して走ることが一番速く走れます。

少し不安な点はリアホイールのクイックをはめる部分が浅いことです。
でもホイールが外れたことはありません。来期モデルで改良されることを期待します。

オンロードでの走りも軽くソフトな乗り心地、遠くに出掛けたくなりました。

グラベルロードは遊べるバイクです。

ロードタイヤに変えれば今話題のディスク ロードバイクに変わります。

シクロクロスタイヤ(32mm)に変えればシクロクロスバイクに変わりレースで使用できます。

35mmタイヤに変えればトレイルライド シングルトラックや木の根っこを乗り越えられ楽しく山を満喫できます。

一台でこれだけ遊べるなんて考えたことなかったです。
これならバイクを何台も持つ必要がなくなりますね。

アグレッシブに使用するのも良し、キャンプツーリングやロングライドツーリングに使用するのも良し。

あなたがGT GRADEカーボンを活かしてください。

まだ初見です。
気づいたことがあればどんどんブログアップしていきます。

 

商品ページはコチラ

GRADE CARBON 105

※山中選手の使用するカラーは国内未取扱モデルです。

 

山中 真(やまなか しん)

セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝を中心に走るオフロードライダー。近年はシクロクロスにも東海地方のレースをメインに参戦中。GTサポートライダー。

主な成績

・2014年 SDA王滝 5月 100km 4時間28分6秒(現コースレコード)優勝
・2017年 SDA王滝 5月 100km 4位、11月 120km 4位
・2016年 東海シクロクロス シーズン成績 2位
・2017年 JCX シクロクロス広島 優勝

ブログ

http://blog.livedoor.jp/sevenride/

Facebook

https://www.facebook.com/shin.yamanaka

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+