ダニエラ・リフがノースアメリカチャンピオンシップを獲得

Daniela Ryf Wins Ironman North American Championship At Tulsa Triathlon
(Photo: Talbot Cox)

トライアスロンレースの復活を予感させるものといえば、アイアンマン・タルサ大会に集まった1,900人以上のアスリートたちの姿でしょう。

世界各地でトライアスロンレースが徐々に復活しつつある中、トッププロの多くは、シーズンのできるだけ早い段階でレース当日の体力をつけるために、レーススケジュールを組む大会を慎重に選んでいます。

数週間前、ダニエラ・リフは、アイアンマン70.3セントジョージで圧倒的な勝利を収め、2021年のレースシーズンの北米編をスタートさせました。

先週末、彼女はさらに権威あるイベントで見事な勝利を収めました。

アイアンマン・タルサでは北米選手権が開催され、スイスのスター選手は非常に多くの選手を相手に、圧倒的な強さを見せつけました。

2位でスタートしたリフは、Felt IA FRD に乗ってレースの主導権を握り、ライバルとの差を15分近くまで広げました。その後、しっかりとした走りで、2位と5分差の8時間40分34秒でゴールしました。

その後、リフはソーシャルメディアで、素晴らしいイベントを開催してくれた大会のボランティアやファンに感謝の言葉を述べました。

“サポートしてくれるスタッフが居なかったらレースは成り立たない”と、リフは自身のインスタグラムに書きました。

“私たちと一緒に苦しみ、日曜日の朝早く起きて、準備を手伝ってくれて、一日中雨の中で待って、走り回って、(フィニッシュラインに)いて喜びと苦しみを分かち合ってくれてありがとう。

皆さんのサポートと、レースを通じて得られる素晴らしい思い出に感謝しています。”

リフは、今後もトレーニングやレースのスケジュールを最適化しながら、10月にハワイのコナで開催される世界選手権という最大のレースでの勝利を目指します。

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。