FELT NEW ARのケーブルルーティングを攻略

新しく生まれ変わったFELT AR 。来期バイク候補としてチェックお済みでしょうか?

あえて汚い言葉を使うと、めちゃくそ速いです。なのにとんでもなく快適に乗れてしまうチートバイク。

ぜひ1度乗る価値あります。度肝抜かれるはずですよ。

ARのロードバイク分類としては、エアロロードというトレンドなカテゴリに位置してます。

各ブランド、エアロロードを世に送り出していますが、空気抵抗を極限に減らすためにどのブランドもケーブルはフレームに内蔵でその取り回しが厄介なところ。

特に、ハンドル~ステム~フレーム間のコックピット周り。

 

新型ARは、どのインプレッション記事にも記載あるように、ケーブルルーティングが比較的ルーズで、メンテナンスがしやすくなっています。

もちろん、FRのようなトラディショナルなロードバイクには敵わないですけどね(笑

その内部構造の攻略と、組立時のコツを解説していきます!

今回のARのために設計された完全オリジナルカーボンステム。極太ステムですけど、硬すぎずで丁度いい剛性感のあるステムです。

そしてなによりメンテナンス性もバツグンです。

コラムを留める3本のボルトを取り外します。

ステム裏側。

ボルトを抜くと、赤線のような1本の溝が出来ます。

ちなみに、コックピット周りはこのようになっています。

Fブレーキラインは、フォーク内部を通ってコラムから。

JAGWIRE社のケーブルラップは、プレッシャアンカーから鋭角に曲がるため、保護の役割です。

Rブレーキライン&Di2ケーブルはフレームの内部の出口から出てきます。

その溝に、Rブレーキライン、Di2ケーブル、Fブレーキラインの順に、通していきます。

(メカニカルシフトの場合は、Di2ケーブル省略。)

最後にステムをコラムに差し込みます。ググッと力強く。ただしケーブル類を傷めないように慎重に。

完成図になります。

このようなイメージでケーブルが通ってます。

 

ここで1点ポイントです。

コラムからFブレーキラインを出す時の”位置”にポイントがあります。

進行方向を見て、時計でいうと、3時もしくは、21時あたりにラインを出す位置にズラした方がいいです。

こうすることで、トップキャップボルトを差し込む隙間が出来ます。

18時方向だと、隙間が出来ない。12時方向だと、Fブレーキラインの曲がりがきつすぎてしまいます。注意です。

トップキャップ締め込み。

取り外していたコラム側3本のボルトを均等に6Nで締め上げる。

使用しているトルクレンチはPEDROSプリセット型トルクレンチ

ケーブルと一緒にねじ込まないように注意して下さい。

ご理解頂けましたでしょうか?

ケーブル類を若干ルーズに設定してフレームやハンドルに余分なケーブルを忍ばせておくと、コラムからステムを抜く機会があった際に、余裕が出ると思います。

ステムからケーブルが抜ける構造は本当によく考えられてますよね。

生まれ変わった3世代目のARは、メンテナンス面にも磨きをかけた最強のエアロロードってことに間違いありません!

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter