弱虫ペダルサイクリングチーム Jプロツアー2019開幕戦を好発進!織田聖選手はネクストリーダージャージを獲得

2019年3月16-17日、国内ロードレース最高峰となる「Jプロツアー」開幕戦 修善寺ロードレースが2日間に渡って開催。

Feltがサポートする「弱虫ペダル サイクリングチーム」が出場しました。

ワールドツアーレベルの外国人選手が多く参戦する今年のJプロツアー。

厳しいレースが予想されましたが、オフシーズンに厳しい練習を日々重ね、ある程度の自信と不安を持って当日に臨みました。

 

Day1 前田公平選手が日本人最高位、織田聖選手がネクストリーダージャージ

日本人最高5位の前田公平選手

初日は60キロと距離が短く、スタートからハイペースの展開が予想されました。

チームは、重要なアタック&ペースアップに必ず誰かが反応して対処するように走りました。

ネクストリーダージャージを獲得した織田聖選手

前田公平選手が日本人最高位となる5位、織田聖選手が日本人2着となる8位となりネクストリーダージャージを獲得しました!

新規加入の村田雄耶選手も14位で、マトリックス、UKYOに続くチームランキング3位で初日を終えました。

 

レースレポート

各選手のレースレポート

Jプロツアー第1戦 修善寺ロードレースDay-1 ベネズエラの刺客・オールイス・アルベルトが開幕戦を制する-Cyclowired

https://www.cyclowired.jp/news/node/290647

 

Day2 過去例を見ないサバイバルレースで織田聖選手が6位

2日目は距離が120キロ。

サバイバルレースになる事は間違い無く、逃げに乗り続ける事が完走に繋がる展開と想定し、選手達はとにかく逃げに乗り続けることを意識してレースに臨みました。

結果として、6名のみの完走となる過去例を見ない厳しいレースとなりました。

完走メンバーは、マトリックスの外国人選手2名、UKYO 1名、シマノ2名、そして織田選手。

チームランキングは、ブリッツェンやブリヂストンなどの強豪チームを抑えての総合4位。

チームは2019シーズン、好スタートを切りました!

 

レースレポート

各選手のレースレポート

Jプロツアー第2戦 修善寺ロードロードレースDay-2 マトリックス連勝 マンセボとアイランで1-2フィニッシュ-Cyclowired

https://www.cyclowired.jp/news/node/290797

 

村田選手はディスクブレーキの「FR1 ディスク」を使用

 

使用バイク

Felt FR1 ディスク、FR1

バイクラインナップ

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter