【エアロロード】2018/2019 FELT AR FRDの紹介 

フェルトのエアロロード AR FRD Frameset 2018&2019モデルのご紹介です。

ARシリーズは2008モデルで初めてリリースされ、1度モデルチェンジをして現在に至ります。トライアスロンバイクで輝かしい成績を収めてきたFELTならではの経験と技術力が詰まっています。トップグレードのFRDの詳細写真をご覧いただきながらのご紹介です。

【全体像】

画像は540サイズのバイクです。

2018年モデルからリリースされているモデルで、2019年モデルも変わらず販売されます。

マットカーボンにホワイトのロゴでシンプル。

アメリカのカリフォルニアにある本社で設計されています。

【フレーム&フォーク】

FRDに採用されているのは、最高グレードのUHC Ultimate +TeXtreme®カーボン。

レースで勝つためのバイクです。

フォークももちろんUHC Ultimate +TeXtreme®カーボン

 

【Twin Tail Fork/ツインテールフォーク】

フォークの肩が後方に向かって伸びたデザイン。後方へ流れる空気抵抗を減らします。

リアブレーキ、シフトのエレクトリックケーブルはトップチューブ内蔵式です。

【Aero Taper Head Tube/エアロテーパーヘッドチューブ】

剛性を保ちつつも空気抵抗削減を追及するため、ヘッドチューブが写真のようなテーパー形状になっています。

【ヘッドチューブの前面投影面積が小さい】

ヘッドチューブの中央部をへこませて前面投影面積を小さくしています。

【Twin Tail Seat Stays/ツインテールシートステー】

シートステーのタイヤ付近もフォークと同じような形状になっていて、シートステーのリアブレーキを排除して、ブレーキを付けるブリッジがない構造によって振動減衰性を高めています。エアロフレームというと硬いイメージがあるのですが、サドルへの突き上げが少ないです。

【Gap Shield Rear Triangle/ギャップシールドリアトライアングル】

トライアスロンモデルの開発時から引き継がれているシートチューブ形状です。

シートチューブとリアホイール付近の抵抗を削減します。

【InternaLoc Seatpost/インターナロックシートポスト】

シートポストを固定するパーツをシートポスト内部に配置することで、フレームに見えるのはボルトだけ。

ボルトはフレームから飛び出すこともなく、空気抵抗を生まない仕組みです。

【反転可能なシートポスト】

乗り方により、シートポストを反転して前乗り、後乗りのポジションを選べます。

シートポストのヤグラ部分。シートレールはオーバル、ラウンド両方に対応する仕組み。

2018/2019 FELT AR3 510

内部のパーツには前後方向があるので、分解した際にはご注意ください。

【汎用パーツの採用】

ハンドル周りはごく普通のパーツをチョイス。ステムが専用品という事もなく、ブレーキも一般的な物になります。汎用パーツを使うことでグレード変更の際やトラブルの対応も早く出来るようにしています。

エアロフレームであるが、ブレーキも専用品ではなく、入手が容易。

リアブレーキも一般的なダイレクトマウント規格。

【ワイドチェーンステー】

シートステーとは違い、チェーンステーが太くなっています。踏み込んだ時の反応を重視して設計されています。ホイールの内側に向かってチェーンステーが膨らんでいるのが分かります。

【BB30カーボンシェル】

BB30規格でカーボンシェル採用で軽量で、BB周りもボリュームを持たせたデザイン。

TeXtreme®カーボン特有の格子柄がカッコいいです。

以上 2018/2019モデルのAR FRD frameset  のご紹介でした。

ライトウェイプロダクツジャパン

カスタマーサービス カマタアツシでした

商品ページ

AR FRD Frameset

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter