Felt TA&Tkを駆って活躍したトラック競技アメリカ代表チームの世界選手権まとめ

世界新記録を含む4つのメダルを獲得

2018年のトラック世界選手権が、オランダで2月28日から3月4日まで開催されました。

Feltはトラック競技のアメリカ代表チームへ機材の提供だけでなく、専用バイクの開発も共同で行うパートナーとして活動しています。

TA FRD」はアメリカ代表の女子チームパシュートが金メダルを獲得するために開発された専用バイクです。

2018年からは女子だけでなく男子へのサポートも開始して、ワールドカップではオムニアムで優勝、チームパシュートで3位と幸先良いスタートを切りました。

そんな中で開催された今年の世界選手権ですが、アメリカ代表チームは合計4つのメダルを獲得。

さらにTA FRDを使用する女子パシュートでは期待を超える成果をあげました。

 

女子チームパシュート決勝動画

初日に開催された女子チームパシュート。

2017年も優勝したディフェンディングチャンピオンで、3連覇を狙います。

もちろんバイクは「TA FRD」。

予選は最速タイムで難なく通過。

初戦となる対ニュージーランド戦では、全4km 16周のわずか1km 4周目で早々にニュージーランドに追いつき決着。

 

そして決勝は、因縁のイギリス。

世界選手権では連覇している彼女らですが、2016年のリオではイギリスに敗退し金を逃しています。

そんなイギリスと、リオ以後初めての直接対決は緊張感溢れるものになりました。

最初の1kmはアメリカのリード。

2km目はイギリスに1秒差をつけて逆転されます。

3km目からアメリカはペースアップ。1/3秒のリードを奪回。

そして最終的に1.331秒のリードで優勝を決めました。

今後の最大の目標はもちろん東京でのメダル奪取です。

 

女子チームパシュート 優勝: Jennifer Valente, Kelly Catlin, Chloe Dygert, Kimberly Geist

 

女子個人パシュート決勝動画

決勝に出走したのはチームパシュートの優勝メンバー、クロエ・ダイガート・オーウェンとケリー・カトリン。

21歳のクロエ・ダイガートはTeam Twenty20に所属していて、普段からFeltのロードバイク、トラックバイクを使用しています。

ちなみに彼女はロードも含めて6枚のアルカンシェルを持っています。

予選ではなんと世界新記録で余裕の通過。

 

決勝では予選での世界新記録を更新する2度目の世界記録で優勝しました。

さらにケリー・カトリンは2年連続の銅メダルを獲得し、表彰台の2/3をFeltアスリートが占めました。

実はケリーは体調が優れず、メダルを獲れるとは思っていなかったそうです。

ちなみに前世界記録保持者はクロエの元チームメイトで2017年に引退したアメリカのサラ・ハマー。

彼女の記録をなんと2秒以上も更新。

サラ・ハマーもFeltのライフタイムアスリートで、その記録ももちろんFeltバイクで出したものです。

 

女子個人パシュート優勝(ワールドレコード): Chloe Dygert, 3位 Kelly Catlin

 

女子ポイントレース動画

ポイントレースに出走したのは同じくチームパシュートメンバーのジェニファー・バレンテ。

彼女もFeltがサポートするTeam Twenty20のメンバーです。

オムニアムにも出場し、5位でフィニッシュしました。

 

オランダ選手に4ポイント及びませんでしたが2位でフィニッシュ。

3位には13ポイントの大差を付けました。

 

女子ポイントレース2位: Jennifer Valente

 

Felt TA FRD ウェブページ
https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/tafrd/story.html

Felt TK FRD ウェブページ
https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/bikes/tk_frd_frame_kit_8071/

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+