「Whiteout」真冬のシベリア バイカル湖を900キロにわたって横断する短編映画(字幕付き)

Whiteout」は、23歳の女性バイクパッカー、ガエル・ボイコが真冬のシベリアの広大なバイカル湖を900キロにわたって横断する一人旅を追った、Bombtrackによる短編映画です。この映画と、氷上でのライディングとキャンプについてのガエルとのインタビューです。

フランス人サイクリストのGaëlle Bojkoが2019年にヨーロッパを25,000キロ走破して以来、当時まだ22歳だった彼女は、2020年のBikepacking Awardsで、最も刺激的なバイクパッカーの一人として選ばれました。勇敢な旅行者であるだけでなく、彼女は才能ある若い映画製作者、ライター、写真家としての地位を確立しています。また、彼女はバイクパッキングバッグのデザインにも優れた才能を発揮しています。

Bombtrackと共同制作された「Whiteout」は、凍結したバイカル湖を単独で横断するという挑戦が彼女にとってどのような意味を持つのかを表現したショートフィルムです。

ガエルへのインタビュー

Q:映画の中で、雪の多い環境に魅力を感じていると言っていましたが、なぜバイカル湖にたどり着いたのでしょうか?
A:バイカル湖は、その生物多様性、淡水湖としては世界最大の水量と有数の巨大さ(琵琶湖の約47倍)、そして立地条件の良さが素晴らしいのです。2010年にバイカル湖畔の小屋で半年間生活したシルヴァン・テッソンの『Les Forêts de Sibérie(森の慰め)』を読んだ後だったので、去年の冬、数ヶ月の空き時間があったので、サイクリングに行く場所を考えていたときに、最適な場所だと思いました。

Q:タイヤの下にある氷の割れた音は、慣れたものなのでしょうか、それともいつも気になっていたものなのでしょうか。
A:氷が割れる音はいつも気になっていました、特に夜は。私は普段、波や川、海の音がとても怖いと感じているので、世界で最も深い湖の上で水音や氷の割れる音を聞きながら眠るのは、精神的にも神経的にも大変なことでした。

Q:Whiteoutには素晴らしいショットがいくつもあります。真冬に自分で撮影してみて、苦労したことは?
A:初日からマイナス20度近い寒さのために三脚のプラスチック部品が壊れてしまったので、出足から大変でした。一番大変だったのは、すべてのバッテリーを温めて、すぐに電源が切れないようにすることでした。私のポケットには保温のため、様々な種類のバッテリー、ヘッドランプが入っていました。

Q:スムーズに走れましたか?バイクを押すことが多かったですか?
A:特に雪の中では、かなりの量を押しました。氷の路面では亀裂が入っていて路面が荒れていることもありましたが、ほとんどの場合、自転車を走らせることができました。ガラスのように滑らかな路面もあれば、洗濯板のような道もあった。湖の光は素晴らしく、氷に美しく反射します。特に夕暮れ時には、空と凍った水面がピンク色に染まるのが印象的でした。日が短いので、ほぼ毎日日没直前までペダルを漕いでいたので、素晴らしい景色の中で走ることができました。

Q:この映画は、孤立感や孤独感を強く感じさせます。それは、今回の旅で意図的に求めたものなのでしょうか?
A:孤独な旅になるだろうとは思っていましたが、孤独を感じることはありませんでした。湖畔では、釣り人や観光客、住民、さらには自転車旅行の仲間2人にも出会いましたが、これらの出会いはいつもとても豊かで楽しいものでした。私は一人でいることが嫌いではないので、旅の準備中はあまり気にしませんでした。

Q:湖上で出会った人たちからはどのように受け入れられましたか?
A:出会った人たちにとても歓迎されました。ほとんどが漁師さんで、一人で、特に女性が自転車に乗って湖上でキャンプをしているのを見て、とても驚いていました。彼らは魚やお茶を提供してくれたり、車に乗せてくれたりしました。ある夜、私がテントを張ろうとしていると、彼らのひとりが赤い布を見つけて、数メートル先の岸辺にあるキャビンを案内してくれた。彼は火を灯し、バイカル湖の固有種である魚、オムルを2匹くれました。ベジタリアン歴10年の私には魚の調理法は見当もつきませんでしたが、なんとか薪ストーブで調理しました。

Q:今、旅を振り返ってみて、一番印象に残っている思い出は何ですか?
A:湖上での交流はもちろん、行き帰りの電車の中でもとても楽しい思い出があります。またシベリアに行きたい、もっとシベリアのことを知りたいと思うようになりました。

風景は忘れがたいものですが、人々の優しさや思いやりがなければ完全なものにはなりません。戻ってきたばかりの数カ月間は、恐怖や寒さについていろいろと考えましたが、1年が経過した今では、ほとんどがポジティブな瞬間を思い出します。

私が出会った多くの人々は、一人で、自分の時間を楽しんでいるように見えた。彼らとつながり、コミュニケーションを図り、湖とその周辺に住む人々について少しでも知ることができたのは、とても幸運なことだったと思います。

Q:最後に、より現実的な話として、初めての冬のバイクパッキングの旅を考えている人にアドバイスをお願いします。
A:冬のバイクパッキングの旅を楽しめるかどうかは、防寒機材に左右されます。その中でも特に気をつけたいのは、睡眠時に体を温めることです。保温性の高い湯たんぽがあれば、一晩中足を温めることができ、疲れを癒すことができます。

バイカル湖での写真ギャラリー

Photos by Gaëlle Bojko @biketotheblocks

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 4.67 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter