娘と父のグラベルツアーライド 短編映画(字幕付き)「GENERATIONAL TALES: A DAUGHTER’S FATHER」

BOMBTRACKブランドがリリースする自転車の短編映画シリーズから、「GENERATIONAL TALES: A DAUGHTER’S FATHER」が発表されました。

日本の輸入元であるライトウェイプロダクツジャパンが日本語字幕を担当。
娘が父を誘い、5日間のグラベルツアーライドに挑戦するドキュメンタリー。
ライドを通して、親子の関係が少しずつ子どもから、一人の女性へと変わる様子が印象的です。

概要

父;私は17歳の時、最初で最後の “バイクパッキング “ツアーに参加しました。四方に荷物を満載したパニアとテントを持って、70年代前半にドイツ西部からロンドンに向かってサイクリングしました。それ以来、私は故郷の平地をサイクリングし続けていますが、テントで寝ることは二度とありませんでしたし、泊りが必要になるツアーもしていません。

7年間、世界中を自転車で旅してきた娘のフランツィと彼女の妥協のないライフスタイルに魅了され、また自転車での旅に興味が湧いてきました。世界中の様々な場所から送られてくるフランツィの写真を見て、昼も夜も絶え間なく屋外に出て、自然の中を自転車で走り、純粋に風景を楽しむことに憧れていました。自分の若い頃と同じように、娘がこの7年間自転車で地球を旅してきた理由を理解したいと思いました。

そうして、私たちの共通のツアーのアイデアが生まれたのです。娘が「Inside The Tuscany Trail」の動画を送ってくれた瞬間、私は走ってみたい衝動に駆られました。魅力的な地域であり、完璧なルートであり、快適なインフラが揃ったイベントであるように思えました。娘と父親のペアチームのアイデアはますます具体的になり、ついに2020年に参加を決めるまでになった。
イベント当日が近づくにつれて、私の不安も高まっていました。星空の下でどうやって寝るのか? 野外で寝られるのか、何日もシャワーを浴びられないことに対処できるのか。そしてさらに重要なのは、食料をどうやって調達するのか?イベントが近づくにつれ、質問の量も増えていきました。

娘が軽さと必要性のバランスを取ったパッキングリストを送ってくれたのですが、自分が考える安全性や快適性のために必要なアイテムを追加せずにそのままにしておくわけにはいきませんでした。バックパックも持っていくことにしました。自分の理想の荷物を詰め込んだ状態で、私は北アルプスの高原の麓まで娘を迎えに行き、最終的にイタリアに向かった。
事前に娘がこの旅のリーダーであると合意していたので、トレイルのスタート地点であるマッサに向かう前夜、彼女は私の荷物検査を行いました。着替えやタオルを含めて、ほぼ「すべて」の追加荷物を車に置いていくように言われました。

テントの中での夜は慣れず、体を洗うこともできず、着替えるための予備の服がないというのは、なかなか厳しかった。
何十年もルーチンにしていた、朝コーヒーを飲むという行為もできず、昨日の服を着てテントを出る毎日。自分の快適なゾーンから踏み出したことに気づき許容範囲が広がりました。娘に教えてもらった新しい経験は、私の誇りです。

トスカーナの丘陵地帯の美しさとその起伏の激しい変化は美しい旧市街をつなぎ、すべてが心を奪われるような風景で結ばれています。自転車旅には最高のイベントであるだけでなく、すべての親にお勧めしたい、かけがえのない財産となったものがありました。
5日間、24時間、娘と一緒に過ごしたことは、何にも勝るものはありません。ジェンダーについて、国際援助、平等の権利などについての終わりのない会話。我が子として向き合ってきた娘とは違う一人の女性としての意見。ペダルを回して、話をして、またペダルを回す。最高の時間でした。

この5日間は人生最高の旅の一つであり、私の心の中に永遠に残る素晴らしい家族旅行でした。

これを見たお父さん、お母さん、子どもが大きくなったら、ぜひ一緒に宿泊ありのロングライドイベントに参加してみてください。子どもがリーダーで、自分が従うというのも悪くないですよ。

 フォトギャラリー

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (5 votes, average: 4.40 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter