フランス人女性がヨーロッパ全土を巡る旅の記録

ボムトラックのサポートライダー ガエル・ボイコがヨーロッパを旅した記録
彼女はは1997年にフランス中央部のシャルトル近郊の小さな村で生まれました。幼少期をイタリアで過ごした後、フランスに戻り、ル・マン近郊に移住しました。今はナントで勉強しています。

ボムトラック グラベルロード (3)

旅は始めたきっかけは?
何とも言えませんが、昔からサイクリングが好きでした。子供の頃から自転車で過ごしていました。くだらないトリックに挑戦して怪我をしたり。週末のサイクリングでは、父と一緒に「レース」をして、父に追いつくために全力でペダルを漕いでいました。イタリアに数年住んでいましたが、そこは平坦でいいところでしたが、10歳の時にフランスに戻ってきました。急に丘陵地になったので、私はいとこと一緒に何時間もかけて田舎を探索し、石でぬかるんだ小道を走り、全力で丘を登り、道に迷いました。最終的には、父を説得して一人で走らせてもらい、あらゆる言い訳をして自転車に乗っていました。11歳の時の母の日には、数キロ離れた花屋から家まで、自転車の後ろに木を縛り付けて自転車で行ったことを覚えています。妹は、木が倒れないように数メートル後ろで自転車を漕いでいました。
最近では、パリに1年間留学していたので、ほとんど自転車に乗ることはありませんでしたが、ありがたいことにナントは自転車に優しい街なので、今では毎日のように自転車に乗っています。

本業は?
建築の勉強をしています。毎日自転車で大学に通い、時間があるときには一人で、または友達と一緒にナントの街を走ります。また、水曜の夜にはサイクリストのグループと一緒にサイクリングをしています。足に力が入らず、泥だらけになって、顔には大きな笑みが浮かんでいる状態で、疲れ果てて一日を終えるのは、最高の気分です。
22歳のGaëlle Bojkoは、フランス北西部の自宅から一人でヨーロッパの郊外を一周し、20の異なる町を結ぶことを意図して出発したこの一人旅は、ガエルの近々の修士号取得プロジェクトのための研究の一部にもなります。
「私は、それぞれの町で数日を過ごして、その町の進化や歴史、日常生活を発見したいと思っていました。すべての町のすべてを知りたいわけではありません。それには、それぞれの町に何年もかけて何ヶ月も滞在する必要があります。むしろ、それぞれの町の独自性を垣間見たいと思ったのです。」

 

 

この若いフランス人女性が冬の間、ヨーロッパの東側の寒くて雪の降る山で一人でツーリングをし、その精神力と心の強さを目の当たりにして、少し謙虚な気持ちになります。
彼女が語る冒険の写真や物語は、一年を通して自転車でツーリングをすることの険しさと美しさを感じさせてくれます。

2019年、Gaëlleと彼女のために作られたアライズツアーは、ヨーロッパのすべての国をカバーする驚異的なツーリング計画へ向かった。スペイン南部の暑さからスカンジナビアの凍った海岸まで、ヒグマやオオカミが生息するカルパチア山脈を横断しながら。南から北へと山のカーブをたどるこの地域は、彼女の祖父の出身地を通り、カルパチア山脈の荒れた道や、降りやまない雨ついてもリアルに描かれています。

撮影、撮影、プロデュースはガエル・ボイコ

ボムトラックファミリー

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter