GT センサーコンプ インプレ by山中真

 

もっとトレイルを楽しむ為の道具が欲しい、そんな要望にライトウェイが応えてくれ『SENSOR』に乗る機会をいただけました。フルサスペンションバイクに乗るのも久しぶりですし、トレイルバイクのようなストロークが長いバイクに乗るのは初めてです。

 

GT SENSOR COMP 2021

GT SENSOR COMPはアルミフレームにSRAMパーツで構成され、トレイルバイクには必要不可欠になっているドロッパーポストが標準装備されています。フロントサスペンションが140mm、リアーサスペンションが130mm。新しくなったフレーム設計『LTS』、サスペンションが縦になったことでサスペンションの動きを体で感じとりやすくなりました。

 

バイクセッティング(体重76kg)

・フロントサスペンション
RockShox 35 Gold RL、ストローク140mm
80psi リバウンド早いほうから2つ戻し
・リアーサスペンション
RockShox Deluxe Select+ RT
140psi リバウンド遅いほうから2つ戻し

ロックアウトをほぼ使うことはなく、サスペンションの性能を最大限活かしたセッティングです。

 

登りも下りもバイクがすべて仕事をしてくれる

自分は家から自走で行きトレイルを楽しむというスタイルです。

SENSORはトレイル向けのバイクですが、トレイルまでのアプローチ区間(舗装路)、登りもこなせます。やはりZASKAR(クロスカントリーモデル)に比べると舗装路、登りのスピード感はありませんが走っていてストレスはありません。バイク完成車重量は17kg近くあり手で持つとかなり重く感じますが、走り始めるとサスペンションがうまく稼動し高級車に乗っているような乗り心地です。

さらにダートに入ると一気にバイク性能に助けられました。荒れた登りではサドルからお尻を上げることが少なくなりペダリングに集中。段差でタイヤが止まりペダリングが止まることがなくなりました。勾配が20%を超えても問題なく登れるバイクです。

下りでは平均スピードは格段に上がりました。スピードが上がれば恐怖心に繋がりますがタイヤが路面に追従しバイクが暴れることがないので逆にスピードを感じません。体でバランスを取りながら走っていた場所が何もなかったかのようにバイクが進みます。バイクが全て仕事してくれている証です。

自分好みのタイヤ選択、ブレーキのグレードアップをすれば更に下りよりのいいバイクになります。

 

ホイールサイズを変えてキャラクターを変える

完成車のホイールサイズは29インチ。タイヤサイズは2.35インチまで対応、IRC TANKEN 2.3を使用していますがクリアランスに余裕があります。29インチはアグレッシブに走れ、荒れた路面、縦の動きに強くスピード域が上がるほど安定します。

ホイールサイズを27.5インチにすれば、タイヤサイズは2.8インチまで太くすることができます。里山などの狭いシングルトラック、細々したコーナーを楽しみたい人におすすめのセッティングです。ハンドリングのしやすさが際立ちます。

 

FLIP CHIPシステム

リアーサスペンション下部の取り付け位置をHi or Loでジオメトリーが変わるシステムです。
Hi :BB高 357mm
Lo :BB高 349mm
Hiに比べるとLoは、サドルが20mm(実測)後退し重心位置がガラッと変わります。)

『Hi』
BB高が上がりペダリングが向上しますが少し目線の高さが気になります。
普段使いはHiのみでOK、トレイルを走るんであれば Hi のほうがバイクが進みます。

『Lo』
下りに特化したジオメトリー。
重心位置が低く後ろに変わる為、下りでバイクが安定します。
リアーサスペンションの動きもLoのほうが良くなります。
ゲレンデやバイクをピックアップしてくれ下りだけを楽しむ時にピッタリです。
下りの性能はこちらのほうが格段にいいと感じました。

HiとLoの入替えは六角5mm,,4mmを使用します。
慣れれば1分もあれば出来る作業です。

 

まとめ

2021年より新たにSENSORカーボンフレームの取り扱いも始まりトレイルバイクが熱いです。

レースより里山やゲレンデで遊びたいという人にオススメのバイクになります。

多少スキルがなくても山を楽しむことができるので入門者の人にもおすすめです。

仲間同士で会話しながら走れ、気持ちに余裕を持って走れるバイクだと思います。

普段から車でトレイルに行くという人であれば、もう少しストロークが長い『FORCE』もおすすめです。

 

商品ページ

https://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/bikes/sensor2021/

 

山中 真(やまなか しん)

セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝を中心に走るオフロードライダー。近年はシクロクロスにも東海地方のレースをメインに参戦中。GTサポートライダー。

主な成績

・2014年 SDA王滝 5月 100km 4時間28分6秒(現コースレコード)優勝
・2017年 SDA王滝 5月 100km 4位、11月 120km 4位
・2016年 東海シクロクロス シーズン成績 2位
・2017年 JCX シクロクロス広島 優勝

ブログ

http://blog.livedoor.jp/sevenride/

Facebook

https://www.facebook.com/shin.yamanaka

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter