FELT FR5W 2017年モデル詳細写真

2017年モデルFELT FR5Wを様々な角度から撮影して、特長を紹介。

FELTの2017年モデルは、フレーム形状が新しくなって販売いたします。
新しい『FRW』シリーズは、今までの『ZW』シリーズの後継モデルとして、一新されました。
この中でも『FR5W』は、中堅クラスとして位置づけられています。

カラーはマットカーボン1色

sDSC_0084

FR5Wのカラーは、マットカーボン1色です。
このマットカーボンは、カラーが前後の半分で大まかに分かれています。
自転車の前半分が半ツヤのカーボン柄で、後ろ半分が半ツヤのシルバーになっています。
カーボン柄とシルバーの境目付近は、モザイク模様が入っています。
細かいモザイク模様は、シンプルな四角形と太線で構成しているだけなのに、センスの良さが引き立ちます。

新しいFELTロゴは、実にシンプルなもので、ダウンチューブに表示しています。
ロゴのデザインは、2017年モデルから直線的に変わりました。
鋭角的で凛としたイメージは、洗練されたFELTブランドにふさわしいものになりました。
薄い水色を使っているFELTロゴは、このFR5Wだけなんです。
ここ、かわいいところです。

女性に ”FAST , LIGHT , SMOOTH ”を届ける専用モデル

sDSC_0083

同じフレームサイズでも、女性と男性では、体重・筋力・骨格が全く異なります。
FRWは、女性ライダーに向けて、フレームパイプを細く・薄くして、接合部分を少なく設計しています。
その結果、軽量に仕上がっています。

この女性専用モデルは、世界トップクラスの女性チーム『TEAM TWENTY 16』との共同開発によって生まれました。
このチームには、オリンピック金メダリストやタイムトライアル世界チャンピオンが所属しています。
彼女たちとの共同開発によって、女性アスリートにとって理想的な剛性と柔軟性を研究し、実現しました。

UHCアドバンスドカーボンフレーム&フォーク

sDSC_0084e

フレームを形作るカーボンは、『UHCアドバンスド』を採用しています。
ハイモジュラスカーボンを使用した中級の軽量フレームは、女性に合わせた剛性と軽量性を研究して設計しました。
フレームを形作るチューブは、パイプ径が細くて、パイプ自体の厚みが薄いです。
女性にとって過剰な剛性を排除して、軽量化しています。
カーボンの積層角度や枚数も異なります。

sDSC_0084f

カーボンフォークは、上位グレードの『UHCアドバンスド』を採用しています。
この『UHCアドバンスド』は、主に60tのハイモジュラスカーボンを初級カーボンフレームの『UHCパフォーマンス』に加えて作られます。
カーボンの積層角度や枚数を最適化し、横方向のたわみを抑えつつ、路面からの突き上げを吸収します。
ペダリングは軽く、走りはしなやかな理想のフォークです。

FRW専用のフレーム・ジオメトリー

sDSC_0082

フレームの寸法は、ヘッドチューブを従来より短く設定したことで、スタンドオーバーハイトが下がりました。
つまり、フレームを跨ぎやすくなって、ハンドルの高さを今までより自由に変えられます。
フレームサイズ430mmは、700Cホイールで実現できる最小フレームサイズとなっています。
適応身長の目安は145cmで、バランスを崩すことなく美しく仕上げることに成功しています。

Fit ウーマン ハンドルバー

sDSC_0084a

FRWのハンドルバーは、女性専用のコンパクトハンドルバーです。
リーチ(前方への突出し長)は65mmで、ドロップ(上下の落差)は125mmです。
小柄な女性でもドロップハンドルバーを無理なく使いこなせます。

快適な専用サドル

sDSC_0081

FR5Wのサドルは、Prologo Nago Evo Space T2.0を採用しています。
ワイドで快適性の高いレーシングサドルです。
女性の骨格に合わせて幅や形状、パッドの量を調整しており、長時間の乗車でも快適です。

いかがですか?
FR5Wは、女性に合わせた剛性と柔軟性に設計した軽量バイクです。
女性ライダーの理想を形にしたFR5Wに乗ってみませんか?

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (5 votes, average: 3.80 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter