驚きの性能「FELT」の本格アルミレーサー「F75」を詳しく紹介 フェルト:sa

こんにちは、毎日自転車通勤を楽しんでいるマーケティングスタッフのサキです。

今回はとんでもない性能を持つFELTのアルミロードレーサーF75を紹介します。

外観はFELTのスタンダートカラーとも言える、ブラックメインにレッドのワンポイントが入っています。
まさに質実剛健な配色ですね。

FELT F75 フェルト ロードバイク

 

最大の特徴は徹底的にこだわったアルミフレーム
高度な加工技術が必要で、ほとんどのブランドが撤退した7005アルミ合金をフレームに全面採用。
6000系のアルミに比べて反応の良いフレームを作れる高級アルミ素材をフレームの魔術師と呼ばれるジムフェルト独自のチューニング。
カーボンフレームに迫る剛性と反応の良さを発揮してくれます。

FELT F75 フェルト ロードレーサー

 

ヘッドチューブはテーパーコラムを採用し、高速のコーナーでもブレない安定性。

 

FELT F75 フェルト ロードレーサー

 

シートチューブは4段階に絞り具合をパイプの外と内側で変えてBB付近の剛性を高める独自のチューブ整形行っています。
下から見上げると、上に向けて細く絞られているのが分かります。

 

 

 

FELT F75 フェルト 人気

 

フロントフォークはUHCアドバンス素材のフルカーボン。
外からは見えませんが、ステムが固定されているステアリングコラムもカーボンで、さらに軽量化されています。

FELT F75 フェルト フォークF75にはFELTオリジナルのホイールセットが装備されています。
リムの高さが24mmで、リム幅が22mmと広めに設計されています。
最近流行の空力アップ&剛性アップを両立する形状。
リムの剛性が高いホイールなので、気持ちよく加速してくれます。

FELT F75 フェルト ホイール

 

クランクはシマノの105をスペックしてスムーズな変速性能。
変速レスポンス、クランク剛性、どちらも105がベストチョイスです。

FELT F75 フェルト クランク

乗ってみると意外と良いのがFELTのサドルです。
薄くて軽い部類に入る形状ですが、思ったよりもクッション性があり、初心者でもお尻が痛くなりにくいです。

FELT F75 フェルト サドルアルミロードバイクの頂点を目指したフェルトのF75の紹介でした。

価格やスペックなどさらに詳しくはこちら↓

https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2015/f75/

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (31 votes, average: 3.77 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+