鈍感ライダーによるFELT IA インプレッション 

FELT DAとIAを乗り比べてみた感想を書いてみました。

趣味でトライアスロンを続けている私はもちろんプロのライダーの経験もないですし、レースの順位も下から数えた方がはやい・・

そんな私はどちらかというと機材に対して鈍感な方だと思っています。そんな私の感覚で感じた事なので、ほんの参考になればと思います。

IMG_8270

マイバイクはFELT DA


マイバイクはFELT DA

IAシリーズがリリースされる前からこれに乗っています。

IMG_4868

DAシリーズとは


IAシリーズがリリースされる以前、FELTではトライアスロンバイクとタイムトライアルバイクは「DAシリーズ」として同じモデルで展開していました。

DAはオリンピックのタイムトライアルでメダルを取った実績もあるバイクです。日本では中村龍太郎選手がTTチャンピオンになった実績もありますね。

sptdw1035_670

トライアスロンの世界でもミリンダカーフレー選手がかつて乗っていたのもこのDAでした。

Rinny-Kona-10-300x199

IAシリーズとは


FELTの中でもトライアスロンのノンドラフティングレースに特化したバイクが「IA」シリーズです。

「IA」は「I」Integrated インテグレーテッド 「A」Aero エアロ の略。つまり、、

FELTのエアロテクノロジーの全てを集結させて作られたトライアスロン専用バイク

オリンピックディスタンスの中でも平坦基調でコーナーも少ないコースや、ミドルからロングディスタンスのレースに出るなら、トライアスロン専用設計のバイクがおすすめです。

なにより、カッコいいのでやる気が出ますね !

IMG_8217

出来る限り同じ状態でチェックしたかったため、ホイールとクランクは同じものを使用し、ポジションも同じになるように調整しました。DAは510に乗っていましたが、ジオメトリ表から判断してIAは480を選びました。

サイズ選びに関してはノウハウのあるトライアスロン専門ショップにご相談されることをおすすめします。

IMG_8188

実際に乗ってみて


乗った感想でDAとの違いを感じた順にまとめました。

①路面の振動をしっかり吸収してくれる

IAの方が明らかにマイルドになっています。少し荒れたアスファルトを走るとDAとIAでは路面の感触がかなり変わります。

シートステーの位置がかなり低めになっているので、振動の減衰性がかなり良くなっているんだと思います。

IMG_8178

②ヘッド周りの安定感

ダンシングの時など、力が逃げずに推進力になっている感じがしました。DAはコラムのサイズが特殊サイズですが、IAはステムが特殊ですが、コラムはオーバーサイズなので安定感が増しているのかも?あくまで乗ったうえでの想像です。

IMG_8182

③フレームのバネ感

適度にフレームのしなりを使って進んでくれるような感じがDAよりもあり、ダンシングすると爆発力はないですがグーッと加速してくれます。180キロにもなるバイクパートを効率よく巡航する為のフレームなんだなと感じました。

IMG_8181

まとめ


正直言いましてIAに乗る前は「IAシリーズってフレームが硬そうで脚力が無いと疲れちゃいそう」と思っていました。

しかし数ヶ月交互に乗り比べてみてIAの存在価値をハッキリと感じることができました。

IMG_8217-2

トライアスロンバイク選びをされている方には、是非IAを選択肢に入れていただきたいですね!


FELTのWEBサイトはこちらから


参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (10 votes, average: 4.60 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter