プロジェクト135パート2 第89回 (イタリア)ナポリの歴史地区

 「ナポリを見てから死ね」といわれるほど風光明媚な景観で知られる反面、古くから「過密」が社会問題にもなっているそうです。イタリア以外の外国人が想像する輝く太陽と温暖な気候、陽気なイタリアーノのイメージはこの都市が元になっている一方で、今日でもナポリを拠点とするマフィア・カモッラによる影響が強い都市でもあるそうです。その旧市街が、ナポリの歴史地区として世界遺産に登録されています。今回のナポリは私にとってはとても有り難い町でした。自転車を思うように見つけられず不機嫌だったトーチャンが大喜びするほど自転車がたくさん見られたのです。その上、ちょうどカーニバルの時期で着飾った子供たちが町に溢れていて楽しい雰囲気にワクワクしました。食べ物もようやくイタリアで美味しいものにありつけましたし、この旅の最終コースでやっとたくさんの自転車達に会えて大満足のナポリでした。
 
■今回場所は

より大きな地図で プロジェクト135 第89回 「ナポリの歴史地区」(イタリア) を表示
 
 
まず見て下さい、この自転車達。お行儀悪いけど許しちゃいます。
 
ここは歩行者天国になっていて自転車は安心して走れるようです。
 
こんなオジさんまで手放しで乗ってドースルんですか!
 
自転車に乗りながら考え事しないで!!
 
そーです、こーやって乗るのです。
 
でもトーチャンのご機嫌の理由は、自転車じゃなくてイタリアン人魚姫だったのかもしれません。
 
これが「ナポリを見てから死ね」なのです。遠くヴェスヴィオ山が見えてます。
 
これが13世紀の建築ヌオーヴォ城です。
 
けっこう大きなお城でした。
 
これがウンベルト1世のガッレリア、19世紀の建築で高さ58mのガラス天井です。世界遺産かどうか解りません。
 
説明なし、旧市街の中の立派な建物と広場。
 
そこに突如現れた3匹のスパイダーマン。
 
そしていよいよ旧市街です。こんなに広い通りは滅多にありません。
 
ほとんどはこんな風な細い道です。
 
窓からの洗濯物がナポリの名物です。
 
こんな感じの道が前後左右に続きます。晴れていたので道に迷いませんでしたが、曇っていたらきっと方向が解らなくなったと思います。
 
この混沌とした感じの町ですが、各ビルの装飾はお見事と言いたくなります。
 
これ、ほとんどが教会だと思います。ゴチャゴチャした細い通りのあちこちに、立派に飾られた教会らしき建物があります。ナポリの人はどれだけ信仰深いのでしょう?
 
こんな建物が至るところにあるのですが、誰も振り向きません。写真を撮っていると何撮ってんの、みたいな感じです。
 
この建物だって素敵だと思うのですが、注意を払う人がほとんどいません。もったいない。
 
イタリアの美人の条件は、目が大きい、鼻が大きい、口が大きい、胸が大きい、お尻が大きいことだそうです。美人ウェイトレス。この人ナポリの出身だそうです。
 
それと、記念塔というか、このような建造物がやたらに多い町でした。
 
そして皆さんあまり注意を払わないのです。説明書きもありませんし、なんだか全然解りませんでした。あっても解りませんけど。
 
サーテこれからお楽しみカーニバルです。写真撮らせてと言ったらオトーさん嬉しそうでした。そりゃそうですヨネ。お金かかってそうですもん。
 
この人はわりとお手軽な感じでした。
 
親衛隊に守られて。
 
オカーさんはどこ?
 
ご機嫌チャンなのです。
 
社交会デビューです。こんなときから自転車は重要なのだとトーチャンはますますご機嫌です。
 
チョット大人っぽく。
 
イタリアといえば歌劇、この子供の無関心さがなんとも微笑ましいことです。「小僧コッチを見ろ!」とでも言っているのでしょうか?
 
そして現地置物と東洋のオバさんの競演です。アッお酒は飲んでませんから、まだ。念の為。誰も投げ銭はくれませんでした。
 
マフィアの見張り?
 
別に悪い人たちではなのでしょうけど、どことなく迫力のある人たち。ナポリ、と考えすぎでしょうか?この人たちを含めて旧市街、世界遺産なのだと思います。
 
この建物の彫刻なんて、それだけで十分語れるものなのでしょうが、この町ではごく普通に並んでいます。そして横丁には小さな商店が混在して、ナポリの旧市街は成り立っています。
 
ではお別れはプロシュートコンモッツァレラをどうぞ。
混沌という言葉がぴったりのナポリでした。芸術的な建物が連なる横丁で恐そうなオニイさんが物を売っていたり、偽ブランド品を路上に並べている黒人がいる前に素敵なチョコレート屋さんがあったり。南アフリカとかペルーなどで感じたほどの恐さはありませんでしたが、マフィアの町という先入観からか、どことなく警戒して歩いていたのですが、危険は全く感じませんでした。今回は天候にも恵まれ、一度も傘を使わずに済みましたし、移動もそれほどの長距離はなく楽でした。また、私たちはあまり興味ないのですが、ナポリは男性ファッションでも有名だそうで、ネクタイなども話題になっていました。もう今回が89回目で、ずいぶんといろいろな所へ行ったと思うのですが、行く度に新しい発見があり、興味は尽きません。135はまだまだ続きます。どうぞお付き合いください。次回はシルクロード、ウルムチを予定しています。お楽しみに。
 
参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter