第84回 佐倉城(千葉県)

第84回 佐倉城の回 ページメニュー
【その一】 佐倉城に登城しました。
 

 
ヤフーラボで高低差も チェーック!!
 

 
佐倉城
所  在 千葉県佐倉市
築城年代 天文年間(1532~55年)
城  郭 平山城
築城者 千葉氏
城  主 土井氏、石川氏、ほか
廃城理由 明治6年(1873年)廃城令により
天  守 天守台のみ
見  所 空堀、土塁
最寄駅 佐倉駅(JR)
 
本佐倉城
所  在 千葉県印旛郡
築城年代 文明年間(1469~86年)
城  郭 平山城
築城者 千葉氏
城  主 千葉氏、小笠原吉次、土井利勝
廃城理由 元和元年(1615年)一国一城令により
天  守 無し
見  所 大堀切
最寄駅 京成大佐倉駅(京成電鉄)
 

 
【その一】:佐倉城に登城しました。
 
今回は、ロングライド好きアッキーラこと「ブルベ未満」さんが参加してくださいました。ふだんは緑のバンダナが目印なのですが、ヘルメットで隠れてますね。茶色いズボンの方です。
 

 
ロングライダーの「ブルベ未満」さんが加わって、佐倉城までロングライドで行くかと思いきや、池袋から向かったのは両国。
 

 
それもそのはず、巷で噂のサイクリスト専用車両、B.B.BASEが一周年を記念して、普段は走っていない両国―佐倉ルートを特別に走るという。
 

 
まるで我々のための僥倖というわけです。
 

 
ホームに自転車を持ち込んでも怒られない、それがB.B.BASE。
 

 
記念撮影が済んだら、そのまま自転車を車内へ。
 

 
前輪を載せてストラップで固定するだけ。
 

 
わずか10秒で、輪行完了。ありがとう、B.B.BASE。
 

 
毛布やアイテムを配りに乗車クルーのみなさまが車両を回ってくれます。佐倉のふるさと広場に出展しているキッチンカーで使用できるクーポンが一人1000円分もらえました。
 

 
「サイクリストの皆様、佐倉の町をぜひお楽しみください。手ごたえのある坂が随所にございます」
車内アナウンスが佐倉という町への期待感を高めてくれます。
 

 
城下町佐倉、その歴史ある町への知的好奇心を高めてくれる動画も。
昼間の太陽に感謝しつつ城内へ。
 

 
佐倉駅に到着!
 

 
B.B. BASE一周年を取材していた毎日新聞の記者さん。写真撮影に応じましたが、新聞に載るかは分からないとのこと。
我々も逆に撮影させてもらい、ブログに載せるかはまだ分からないと言っておきました。
 

 
※良い子は真似をしないようにしましょう。

佐倉は有名漫画の千葉代表高校のモデルになったようです。

 

 
町に走り出してみると、早速、手ごたえのある坂が。

ところで、ガーサスDが身に付けているもの、

 

 
こちらは訪日外国人も大喜びのプチ忍者グッズ、ではなく、冬の自転車乗りを助けてくれる「GO BIKE」。
頸部から顔面にかけてを温かく包み込み、口唇に開いた無数の穴が呼吸を妨げることはない。
 

 
佐倉は城下町をうりにしているだけあって、見事な武家屋敷が保存、公開されています。
 

 
ロングライド好きの「ブルベ未満」さんは、このようにカメラを携えて各地に走りに行っています。ロングライドのコツなど、ライトウェイブログで公開してますよ。
 

 
なかなか情緒のある写真は、これまでの我々には無かったものですな。
 

 
こちらは名所の一つ「ひよどり坂」。先ほどの武家屋敷の武士が佐倉城へ通勤したルートと思われます。
 

 
佐倉城は石垣全盛の江戸時代初期に大改修されたわりに敢えて石垣ではなく土塁を選んだ、なかなか骨のある城のようです。
 

 
そのため空堀や土塁が見どころとなっています。
 

 
百名城スタンプは公園管理センターでゲット!
 

 
わりといい時間になっていたので、昼食を求めて、「ふるさと広場」のキッチンカーを探しに。ふるさと広場は川沿いの風車が目印です。
 

 
いくつかあるチョイスの中から我々はカレーと豚汁を選択。
 

 
支給していただいたクーポン1000円におさめることができました。
 

 
「サイクリストまん」。中はアンコではなく、チーズでした。
どのような寓意によるか、興味は尽きない逸品です。
 

 
ロングライダーが完全に消化不良なので、もう少し走って、隣町の本佐倉城へ。ふだん、徹夜で走る「ブルベ未満」さんには焼け石に水でしたが。
 

 
なかかの防御設備が出迎えてくれました。
 

 
何組もの来城者が、こうして写真を撮っていったことでしょう。
戦なき世、ですな。
 

 
なんと、本佐倉城は続百名城に選出されています。続百名城スタンプは京成大佐倉駅に。
というか、まだ百名城まわり切れてないのに続百名城が発表されてしまうとは・・・
 

 
そして帰りももちろん、自転車を袋につめず、B.B.BASEで東京へ帰りましたとさ。またサイクリストたちを佐倉に連れていってください。
 
 
 
2019年1月26日(土) 目的地:佐倉城
移動:東京 ⇒千葉 旅のテーマ:B.B.BASEで千葉へ
タイムテーブル 旅費 (一人分)

09:12 両国駅発 JR ¥4,000
10:13 佐倉駅着  
16:33 佐倉駅発  
17:23 両国駅着  
 
参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter