ロングライドへ行こう!~その1 旅支度編~

こんにちは。
ロングライダーのアッキーラです。

皆さんは、楽しい自転車生活を送ってますでしょうか。

私の記事は、今回で20本目を数える事になりました。
やたら長い記事で拙い文章ですが、いつも読んでいただいて、本当にありがとうございます。
m(_ _)m

出かける時は忘れずに
旅支度は念入りに

さて、20本目の記念として、ロングライドに関する小話を何回かに分けて書こうと思います。

今回はその1として、『旅支度』編です。

ロングライドのイベントは、佐渡に限らず、全国各地で毎月開催されています。
距離もコースの高低差も様々です。

この中には、『グルメライド』というものもあります。
自転車でコースを巡ると、休憩所(エイドステーション)で地元の特産品を食べられるものです。

「三度のメシより、自転車が好き。」

というロングライダーさんが楽しめるだけじゃありません。

「自転車に乗るより、三度のメシが好き。」
「スイーツは別腹。」
「ダイエットは明日から。」

という食いしん・・・じゃなくて、グルメライダーさんにオススメです。
某コントで有名な『太らせる力』は、決して使わないでください★

いざ、現地へ行くとなると、必要な荷物をまとめないといけませんね。

公開!
佐渡に持って行った持ち物リスト!

そこで、ロングライドで必要になる荷物をまとめてみました。
次の荷物は、佐渡ロングライドに参加するため、現地へ実際に持って行った物です。

<自転車系>
□ 自転車(FELT)
□ ボトルケージ(BBB)
□ ヘッドライト(serfas、OWLEYE)
□ テールライト(serfas)
□ サイクルコンピュータ(VETTA)
<ジャージ系>
□ ヘルメット(BBB)
□ サングラス(BBB)
□ サイクルハット(海賊バンダナ)
□ タオル
□ 半袖ジャージ ☆
□ サイクルショーツ ☆
□ アンダーメッシュシャツ(スポーツ用吸汗速乾シャツ) ☆
□ 指切りグローブ(BBB) ☆
□ 靴下(複数枚) ☆
□ サイクルシューズ(serfas) ☆
□ ネックウォーマー(K-WIND) ☆
□ 長袖ジャージ ☆
□ 長袖アンダーシャツ ☆
□ UVカットアームカバー ☆
□ アームウォーマー ☆
□ レッグウォーマー ☆
□ 冬用グローブ(BBB) ☆
□ ウィンドブレーカー ☆
□ 肌着 ☆
□ ワイシャツ ☆
<補修パーツ系>
□ 大型のサドルバッグ
□ パンク修理キット
□ 携帯用ポンプ(crankbrothers)
□ 携帯用工具
□ 予備のインナーチューブ
□ タイヤレバー
□ リアディレーラーハンガー
□ チェーンリンクピン
□ チェーンカッター(チェーン取付工具)
<輪行系>
□ 輪行袋
□ フレームカバー
□ エンド保護金具
□ 車輪固定用ストラップ
<補給食系>
□ ドリンクボトル(BBB) ☆
□ スポーツ飲料のパウダー(ジャコラ・クエン酸パワー) ☆
□ 補給食(とにかくたくさん!) ☆
<医療系>
□ 保険証
□ こむら返り予防の漢方薬 ☆
□ 各種サプリメント ☆
□ テーピング ☆
<イベント参加書類系>
□ 参加引換証
□ 車検証
□ 佐渡汽船の乗船引換証
□ 民宿の宿泊手続き書
□ コース地図
□ 参加の手引き
□ 各種資料
<お金系>
□ 財布&現金
□ クレジットカード
□ 交通系ICカード
□ 新幹線の往復乗車券
<その他>
□ デイバッグ
□ ウエストポーチ(CAMELBAK) ☆
□ 日焼け止めクリーム
□ 防犯ロック錠
□ 自宅の鍵
□ スマートフォン
□ スマートフォン用外部バッテリー
□ 自転車用スマートフォンホルダー(BBB)
□ 返送用着払伝票 ☆

今後のイベント参加に備えて、チェックリスト形式でまとめました。
もし良ければ、ご活用ください。

☆印の荷物は、あらかじめまとめてから、箱詰めして民宿へ事前に発送しました。
新幹線+ジェットホイル船移動だったので、手荷物をなるべく減らしたかったからです。
イベント当日に使う物、使うかどうか分からない物、かさばる物を先に送りました。
ジャージ類は、物量が特に多くなりますね。

返送用着払伝票は、民宿から自宅へ送り返す時に使いました。
元払伝票をうっかり用意して、民宿の方に迷惑を掛けないように気をつけましょう。
Σ(°△°;|||)

今回、佐渡ロングライドは、単独で参加しました。
そのため、レンタカー+カーフェリー利用で移動するのは、身体がしんどい、と考えました。
高速道路の料金も掛かるので、費用がかさむ事も理由の一つでした。

余分な荷物を事前に送ってしまえば、自分で担いで持って行く荷物を大きく減らせます。
もし送り忘れた物があっても、自分が移動する時、その物を一緒に持って行けば良いわけです。

それでも、自転車を輪行袋に入れて運ぶだけでも大荷物になりますね。

日にちに余裕があれば、自転車を箱詰めして、宅配便で現地会場へ発送する方法もあります。
自転車まで現地へ送ってしまえば、デイバッグ1コで現地へ向かえます。
例えば、自転車は宅配便で運んで、自分は飛行機で移動する場合、とても便利です。
現地への移動がかなりラクになりますよ。

私は、自転車を輪行袋へ入れて持ち運びました。
なぜなら、現地への移動で自転車が必要だったからです。

JR新潟駅から新潟港までの距離が片道2.4kmありました。
また、佐渡島に渡ってから3日間、島内の移動で85kmくらい走ってました。

210kmコース以外に。

おかげでタクシー代が浮きました(笑)
(≧▽≦)

荷物をリストにまとめましたが、正直言って、荷物が多すぎる、と自分でも思います。
ロングライドやブルベの達人さんから見れば、

「どこへ引っ越すの?」

と、言われたかもしれません。
達人さんは、荷物が本当に少ないんです。
私も見習わないといけません。

日本は自転車ロングライド天国です!
日本を走り尽くせ!

世界の自転車事情を見ると、欧米に優るとも劣らず、日本にも自転車ロングライドに適した環境があります。
道路が全国津々浦々整備されているだけじゃありません。

起伏に富んだ峠道

sDSC_0882

特長の溢れる四季
暑さ・寒さの差がある気候
変化目まぐるしい天気

sDSC_0872

一日の始まりを告げる日の出
頭上を突き刺すように照らす陽射し
茜色の空に暮れる夕日
底知れない暗闇に思える夜

sDSC_0894

遥か遠くにある綺麗な山々
白い雲と一緒に晴れ渡る青空
野生動物を育む森林・草原
朝霧に霞む高原

sDSC_0890

青く輝く海原
冷たく透き通る湧き水
莫大な水量を流す滝・河川・湖

sDSC_0914

親切な地元の人達
豊作をもたらす田畑
新鮮な魚介類の溢れる漁港や市場
草を食み育つ牛・羊・馬のいる牧場
地域で異なる豊富な特産品やおいしい食事

sDSC_0829

歴史と伝統を重んじ由緒ある土地
全国各地に点在する世界遺産や重要文化財
真心こもったおもてなしの民宿
湯量・効能が豊富な温泉
ゆっくりくつろげるスーパー銭湯
活気に溢れる賑やかな商店街
全国にある自転車販売店
行き届いたサービスのホテル
休憩できる道の駅やコンビニ

これだけ恵まれた国に住んでいながら、自転車を楽しまないなんて、もったいないです。
遠隔地にも移動できる高速道路網があるし、時間に正確で安全に移動できる鉄道網や航空会社もあります。
自転車ロングライドのイベントは、全国どこでも参加できます。

毎日同じ事の繰り返しに嘆くくらいなら、思い切って自転車に乗って外へ出ましょう。

「自転車に乗って、何が楽しい?」
「自動車やオートバイでラクに行けるのに、何で自転車で行くの?」
「ドMか!?」

ゴールを目指して、自転車で走る過程を楽しむのです。
そこで観たもの・聴いたもの・触れたもの・香るもの・飲食したものを感じるのです。
現在ある身体の五感すべてを使うのです。

長い距離を走ってゴールした時、その達成感を味わうのです。
『苦労』というスパイスを舐めた分だけ、その達成感は一層高まります。

自転車ロングライドは、

” 今、あなたが生きていることを実感できる。 ”

ものです。

そして、『他者と競い合うレース』ではありません。

『誰が一番最初にゴールするか?』という事には、意味がありません。
ゴール時間の早い・遅いは、比較しようがないです。
参加者の脚力・体力・目的・目標・コースは、参加者の方それぞれ異なるからです。

競い合うためだけに自転車に乗るのは、自転車がとてもつまらなくなってしまいます。
そもそも、イベント自体が『競争ではない』と宣言するところもあります。

自転車ロングライドにおいて、『勝者』と『敗者』は存在しません。
どんなに時間が掛かっても、ゴールできた人たち皆が ” 勇者 ”なのです。

原因・理由があって、ゴールできなくてもいいんです。
その時感じた『悔しさ』が次回のロングライドへの原動力になります。

他の誰も簡単に達成できない事を『あなた』が達成したら、大きな自信を『あなた』に与えてくれるでしょう。
そして何年か経って、『あなた』の達成を振り返ったら、こう思うでしょう。

「あの時、頑張ったな~。大変だったけど~(笑)」

考えてみてください。

【失敗を恐れて何もせず、何も経験しない】

【成功を目指して、どうすれば達成できるか思考し、失敗の芽を潰して、努力し続けて最後に実現する】

どちらが『あなた』を豊かにするでしょうか。

初心者が自転車ロングライド100kmや200kmをいきなり走れ、なんて絶対言いません。
むしろ危険ですから、止めてください。

『あなた』が出来るところから、少しずつ始めれば良いんですよ☆
なぜなら、

” あなたの自転車ロングライド ” 

だからです。

『I can go… as far as I want!
僕らはどこまでも行く
道が続く限りどこまでも行く
思い出すのは遠い昔、初めて補助輪を外して走り出した時のこと
ロングライドは心の状態
10kmであれ
2400kmであれ
あなたにとって冒険ならば
それは立派なロングライドです』
※自転車ロングライドの同人誌『LONGRIDERS』より抜粋。

いかがですか?
自転車に乗って、ロングライドへ行ってみませんか?

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (9 votes, average: 4.33 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。