Vブレーキを外そうとしたら台座ごと取れてしまった時のトラブルシューティング

「Vブレーキのメンテナンスや交換をしようとしたら、台座まで外れてしまった!」

こういったトラブルのお問合せを頂くことがあります。

クロスバイクに多く使われているVブレーキ

赤で囲ったブレーキ取付ボルトを外すとブレーキだけが外れるのが通常

Vブレーキ台座

ブレーキを外すと現れる、ブレーキが装着されている台座。ブレーキ固定ボルトを緩めると通常はこれがフレームに残る。

台座が一緒に外れてしまうことが稀にある

ブレーキ取付ボルトを緩めて外したら、こんな風に台座も一緒に取れてしまうことがあります。台座もネジで取付けられているので、供回りして外れてしまうことがあります。

台座にネジロックを塗布し固定する

赤で囲ったネジの部分にネジの緩み止め剤(ネジロック/ロックタイト)を塗り、台座に固定し、しばらく置いた後に再度ブレーキ固定ボルトを緩めてみてください。これでうまく外れてくれることが多いです。

以上 Vブレーキを外そうとしたら台座ごと取れてしまった時のトラブルシューティングでした

ライトウェイプロダクツジャパン

カスタマーサービス カマタアツシでした

author:カマタアツシ ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス所属

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 4.75 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter