自転車の全長の求め方 タイヤの先端から後端までの長さ

「自転車を買おうと思っているんだけど、大事にしたいので部屋で保管したい。部屋入るかどうか、置く場所が限られているので、買う前に自転車の全長を知りたい」

という場合の自転車の全長の求め方のご紹介です。

下記の式でおよその全長を求める事ができます。

バイク全長≒①WB+②ETRTO+③(タイヤ幅×2)

①WBはホイールベースの事です

下図の「WB」という所の長さがホイールベースとなります。

シェファード ジオメトリ表

例えばWB:1047とあれば「1047ミリ」です。

②ETRTOの値を調べる

700Cや29インチのホイールであれば、ETRTOは「622」です

26インチなら「559」

27.5インチなら「584」

となります。

③タイヤの太さを調べる

700×32Cであればタイヤの太さは32ミリ

26×2.1であればタイヤの太さは2.1インチなので、換算して約53ミリ

①~③を調べて実際に計算で求めてみたいと思います。

例:RITEWAY シェファード

シェファード 700C

26インチの場合

WBは987 ETRTO559 タイヤ幅1.5(約38ミリ)

全長≒987+559+76=1622ミリ

実測=およそ1640ミリ

700Cの場合

WBは1047 ETRTO622 タイヤ幅約38ミリ

全長≒1047+622+76=1745

実測=およそ1750ミリ

計算で求めた値が実測に近いことが分かります。

これから自転車を購入しようとされている方で自転車の全長を知りたい場合に参考にしてみてください。

ライトウェイプロダクツジャパン

カスタマーサービス カマタでした

author:カマタアツシ ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス所属 海沿いに育ち、海のない埼玉県在住 3児の父 趣味はトライアスロン

 

 

 

 

 

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter