ロードバイク BB(ボトムブラケット)の規格まとめ

こんにちは。倉庫スタッフSHOGOです。

あけましておめでとうございます。

まだ年明けから1度も自転車に乗れていません。。。

BBの規格にまどわされないで

自転車の中心部分。

写真 2016-01-05 16 29 14

2016年現在、BB規格は戦国時代。カーボンフレームの普及で、いろいろな形状のフレームが生み出されました。

それに伴い、各メーカーから独自のBB規格が作られ、乱立している状況です。

これからもっと規格が増えてくることは間違いないでしょう。。。

どのタイプのBBが取付け出来ますか?

まずはフレームの寸法を測って、自分のロードバイクフレームはどのBBに対応するのか見ていきます。

①シェル幅はいくつ?

ファイル 2016-01-08 18 21 21

②ねじが切ってあるか?ないか?圧入式か?

③BB内径の大きさは?

ファイル 2016-01-08 18 20 39

④どのメーカーのクランクを取り付けたいか?(シャフト径)

例  シマノ・カンパニョーロ・スラム・FSAなどなど…。

上記4つの項目がわかれば大体絞り込めます。まず自分のBBの規格だけは確認しておきましょう♪

BBの規格まとめ(ロード用)

 

スクエアテーパー

ファイル 2016-01-08 18 23 08

①シェル幅:68mm ②ねじ切り:アリ

昔ながらで四角のシャフトが付いているBB。”軸長”を計算したり測ったりしないとフレームに取付け出来ないので注意。

スクエアテーパー用のクランクセットを取付けます。

ホローテックⅡ

ファイル 2016-01-08 18 22 11

①シェル幅:68mm ②ねじ切り:アリ ④シャフト径:24mm

シマノ推奨BB。シマノクランクが取り付け出来ます。

BB30

写真 2016-01-12 11 31 24

①シェル幅:68mm ②ねじ切り:ナシ ③内径:42mm ④シャフト径:30mm

FELTのロードバイクでも多く使われているBB30規格。フレームに直接ベアリングを圧入します。

FSA社などのクランクが使えますが、BB本体にアダプターをかませてシマノクランクとの互換性もあります。

PF30

写真 2016-01-12 9 37 34

①シェル幅:68mm ②ねじ切り:ナシ  ③内径:46mm ④シャフト径:30mm

※PF=プレスフィットという意味。

BB30は直接ベアリング圧入でしたが、PF30規格は樹脂やアルミ等のワンを用いてのカートリッジタイプ。そのためフレーム内径が、BB30フレームよりひと周り大きいのが特徴です。

PF86

写真 2016-01-12 9 39 46

①シェル幅:86.5mm  ②ねじ切り:ナシ  ③内径:41mm ④シャフト径:24mm

PF86もカートリッジを圧入タイプ。シマノクランクセットが取り付け出来ます。

BB386 EVO

①シェル幅:86.5mm ②ねじ切り:ナシ  ③内径:46mm ④シャフト径:30mm

いろいろなBBのいいところをミックスさせたBB386 EVO。

様々な規格に対応できるKCNCのおすすめBBはこちらで紹介しています。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (26 votes, average: 4.31 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+