29erMTBタイヤは700Cツーリングロードバイクに入るか?

こんにちは、自転車通勤担当のサキです。

今は快適性を高めるのがブームで、どんどんタイヤを太くカスタムしています。
元々32Cのタイヤが装備されているチャージのプラグですが、ロードバイクでありながら、かなりクリアランスがあるので、38Cのタイヤに変更していました。

DSC_0765

もっとクッション性を高めて快適にしたい!という欲望が止まらない私は禁断の29erタイヤに手を出すことにしたのです。

今回取り付けるのサーファスのドリフターシティ 29×2.0、29インチMTB用の太いスリックタイヤです。

ドリフターシティ MTB用 29×2.0

ホイールとタイヤの規格はOK

700Cはロードバイクの規格、29erはMTBの規格ですがホイール(リム)の外径は同じなので、相互にタイヤは使えます。
実際にはめてみても、問題無く空気は入ります。
700C 29er タイヤ カスタム (9)

どれだけサイズが違う?

38Cと29×2.0を比べてみました。
左が38Cです。ぱっと見で1.4倍ぐらい太いですね。

700C 29er タイヤ カスタム (10)

 

リムからの高さも1.4倍ぐらいあります。

700C 29er タイヤ カスタム (6)

 

横幅は48mmで、38Cから10mmも太くなっています。

700C 29er タイヤ カスタム (4)

 

装着してみると・・・

・・・・

・・・

ダメしたー!!!涙

横幅は何とかなったのですが、かなり高くなったので、チェーンステーブリッジに接触してしまいました。
クロスバイクやグラベルロードのタイヤに29erのタイヤをはめるのは難しいようです。

700C 29er タイヤ カスタム (8)

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (20 votes, average: 4.60 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+