BBBサングラス「アヴェンジャー」インプレ by 飯田忠司選手

BBB「アヴェンジャーPH」をプロトライアスリート&コーチ 飯田忠司選手がインプレッション

BBB アヴェンジャーPH

調光レンズを採用しながら16,000円(2018年現在)という手の届く価格を実現。

柔軟なグリルアミドフレームと高強度なポリカーボネイト製の100%UVカットレンズによる高性能サングラスです。

商品ページはコチラ

アヴェンジャーについては、別のブログ記事でもご紹介しています。

 

飯田 忠司 選手

プロトライアスリート、コーチ
トライアスロンスクールI-STORM代表
日本トライアスロン連合指導者養成委員
埼玉県トライアスロン連合理事

<主な成績>
2011年 佐渡国際トライアスロンAタイプ 優勝
2012年 佐渡国際トライアスロンAタイプ 2位
2013年 五島長崎国際トライアスロン エリート2位

スクール情報(I-STORMサイト)
www.i-storm-tri.com/

オフィシャルサイト
www.iidatadashi.com

 

この機材を選んだ理由はなんですか?

BBBの調光レンズを2モデル使用してきた中で、環境の変化に臨機応変に対応可能なレンズ性能の良さは既に体感済み。

周囲が暗い環境ではクリアレンズに近い明るい視界を確保
明るい晴天時にはレンズは暗くなり快適な視界を確保

そんな中、今年登場したBBBの最新モデル「Avenger」はこれまでのBBBの良さ、すなわちコスト、使いやすさなどを踏襲しながら近未来的なデザインに仕上がっている。

BBBのロゴが一新されたのと同じく、BBBの意欲をヒシヒシと感じさせてくれるモデルである。

 

どんな場面で機材の強みを感じましたか?

最近のBBBのモデルは視野が広く確保されていて視認性が高い。

さらに長時間のトレーニング、レースでの天候の急激な変化へ、調光レンズが自動で対応してくれて、日差しなどの目から受けるストレスを軽減してくれる事がトライアスロンにとってアドバンテージが大きいと感じる。

Avengerはレンズ面が大きく視野も広く取れる。これらの点を総合して安全性という面からもとても安心感をもって使用する事ができる。

 

どのようなユーザーに向いていますか?

調光レンズのサングラスはレンズの性能故か、通常のレンズのサングラスより高価で20000円以上する事が多い。

しかし、BBBの調光レンズサングラスは2万円を切っているものがほとんどで、その中でも今回登場したアヴェンジャーの調光レンズタイプの値段は税込み価格で17280円と圧倒的なコストパフォーマンス。

安価故にレンズの耐久性などに疑問をもって質問をされる事も多いが、これまでトライアスロンという比較的厳しい環境の中で使用しても、これらのモデルの調光レンズの性能に寿命など耐久性に問題を感じた事はない。

そしてこれまでのBBBのサングラスとしての良さ・・・ノーズの調整が指で簡単にできる。レンズ交換も容易で日本人でもフィットしやすく使い勝手が良い。

この辺りの基本性能はしっかりと受け継いでくれている。

調光レンズにこれまでも興味があったが、そのコストが気になって手が出せなかったという方の背中をグッと後押ししてくれる製品である事は間違いないでしょう。

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter