クランクブラザーズ史上最高のハンドポンプ クリックシリーズ

クランクブラザーズのハンドポンプクリックシリーズのご紹介

【最大の特徴】

ホースがマグネットを使った脱着式

使ってみてその使いやすさに驚きました。

【商品の詳細画像】

アルミボディーでスタイリッシュです。ボトル台座へのマウントブラケッドが付属します。

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ホースは本体に内蔵されています。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

CO2カートリッジのポンプヘッドが内蔵されています。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

キャップを回して外すと現れますクリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

引っ張ると取れます。フレンチバルブ専用です。

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ネジ切のCO2カートリッジ対応です。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ハンドルを立てるとホースが現れます。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ここに内蔵されています。

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

さかさまにして振ると出てきます。

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

青い部分がポンプヘッド

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

部分がポンプとのジョイント部です。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

簡易プレッシャーゲージが付いています。

パッケージには120psi/8.3barまで入るとありますが ケージの目盛が足りません・・・私は7気圧入れることがほとんどないので気になりませんが・・

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

こんな風にホースを本体にジョイントします。

マグネットでパチンとくっつきます。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ホースのジョイント部分はカバーを回転させることで隠れます。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

泥や砂、小石の侵入を防いでくれます。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

クランクブラザーズらしい造形美です。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ハンドル部分を起こして使います。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ポンプヘッドはねじ込み型で 片方がフレンチバルブ

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ひっくり返してアメリカンバルブに対応します。

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

空気の入れ方

まずホースをバルブにねじ込んで固定する。

【ホース側に逆止弁】

ホースに空気の逆止弁が付いているので、空気はもれません。

ここがこのポンプの最大のメリットですね。

一般的なハンドポンプはホースと本体がつながっているので、このようなことはできません。

これにより格段に作業性が向上します

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ホースをねじ込んだら、ポンプをジョイントします。クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

【力を入れやすく軽いポンピング】

ポンプの足を地面に置いてフロアポンプのように入れることができます。(*アスファルトに直接足を置くと、傷つきます)

7気圧までは軽いポンピングです

(*もちろん個人差ありですが、最高レベルの軽さです)

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

ホースジョイント部分を手で持つこともできますが、前者の方が空気は入れやすいです。

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

空気が入れ終わったら、本体とホースを外して、バルブヘッドを回してホースをバルブから抜いて終了。

クリック ダブルゲージ co2 インフレーター [ klic gauge w/co2 inflator ]

クリックシリーズにはこのほかにもCO2ヘッドの付いていないモデル、プレッシャーケージの付いていないモデルがあります。

そして、それぞれのモデルに

HP(ハイプレッシャー)とHV(ハイボリューム)仕様があります。

簡単に言うとロード乗りはHP、MTB乗りはHVという区分けです。

詳しい情報はこちらから

https://www.riteway-jp.com/pa/crankbrothers/minipump.html

使いやすいハンドポンプをお探しの方はこれで決まりです。

ポンプ選びの参考になればと思います。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (8 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。