マットフレーム(ツヤ消し)に使えるコーティング剤! PEDROS バイクラスト

今回ご紹介するのは、グリーンフィズ等(紹介ブログ)で洗車した後に使う商品になります。

昨今、不動の人気を確立しているのが「マットフレーム」

1つ難点を言えば、お手入れ。

目の粗い塗装を施すことでツヤをわざと消しているマット塗装は表面が凸凹しています。そのことから、グロス塗装よりも汚れの吸着性が高く、落としにくいです。擦り過ぎると、その部分だけツヤが出てしまうなんてことも。

なおさらコーティングが必須なわけです。そんな時は。

PEDROS  バイクラスト

ツヤ出しコーティング剤(ポリッシュ) 容量:475ml

商品コード:110562 価格2400円(税抜)

グロス塗装はもちろん、マット塗装にも使える

バイクラストは、ツヤ出しコーティング剤ということでツヤが出てしまうため、マット塗装には向かないと思われがちですが、そんなことはありません。マットの風合いを残しつつ、コーティングが可能です。

バイクラストでコーティングするとメリットは?

①泥や水をはじき、日ごろのお手入れがしやすくなる。
②紫外線によるフレームの色あせを防ぐ。
③ピカピカの光沢で自転車が新車のような輝きに。

GT パンテラ コンプにコーティング!

マットブラックのフレームになります。


油や皮脂でテカったり、ホコリで粉がふいてマットフレームが台無しです・・・(画像クリックで拡大)

マイクロファイバーウエスにバイクラストを吹きかけて(ムラになりくいため)からフレームに塗布していきます。

バイクラストによってテカテカになったら、乾く前にマイクロファイバーウエスで乾拭きします。ムラになってしまっても、もう1度やり直せばOK!

すると・・・

↑お分かりでしょうか?塗布していない部分と分けてみました。

違いは一目瞭然です。よりブラックが濃くなり引き締まってフレームに当たる光の反射が倍増しました。
適度にツヤが出つつ、マットもしっかり強調されています。触ると、サラサラしていてコートされているのがわかります。

頑丈なコーティング溶剤ではありませんので、1~2週間に1回ほどコーティングをお勧めします。

これで最高のバイクが組立出来そうです^^

写真だけではバイクラストの良さは伝わりません!あなたの目で確かめて下さい!

バイクラスト商品ページ
https://www.riteway-jp.com/pa/pedros/110562.html

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (5 votes, average: 4.60 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter