GARMIN EXPLORE2に付属してくるパワーマウントに拡張バッテリーをつけることができるのかどうか。

GARMIN EXPLORE2

ナビゲーションシステムに特化した「GARMIN EXPLORE2」

本体裏に端子がついたパワーマウント対応の「GARMIN EXPLORE2 POWER」と、

端子が無いパワーマウント非対応の「GARMIN EXPLORE2」の2種類があります。

Edge Explore 2
Edge Explore 2(パワーマウント非対応)裏側に端子が無いタイプ。
Edge Explore 2 power
Edge Explore 2 power(パワーマウント対応)裏の〇で囲った部分が端子。この端子とパワーマウント側の端子が接続される。

パワーマウントにはE-BIKEに対応するケーブルが別売で用意されているので、

モーターユニットのタイプに適合したケーブルを接続することで、E-BIKEのバッテリーから給電することができます。

E-BIKEをお持ちでない場合でも、USB-Aに接続するケーブルも別売で用意されているので、

お手持ちのモバイルバッテリーから給電することも可能です。

*ここから先は対応するE-BIKEをお持ちでない方向けの記事となります。

①パワーマウントを使ってお手持ちのモバイルバッテリーを接続する方法

・パワーマウントケーブル USB-A対応を入手する。

これでパワーマウントのケーブルをUSB-Aに変換します。

青枠で囲った部分をパワーマウントの端子に接続し、赤枠で囲った部分をモバイルバッテリー側に接続して給電します。

 

②GARMIN拡張バッテリーセットを使う場合。

「果たしてパワーマウントに、拡張バッテリーセットを使うことができるのか。」

これが今回のブログのテーマです。

結論:できる

ここからやり方を説明します。

下記はパワーマウントの分解図。

①と⑤を止めている2本のネジを2ミリのアーレンキーで外すとマウントから③と⑤が外れます。

パワーマウントの分解図*ガーミン公式サイトより抜粋

拡張バッテリーの内容物

写真赤枠で囲ったパーツが大事です。

拡張バッテリーキットの内容物一覧

パワーマウントのレバーと、拡張バッテリーに付属してくるレバーを取り替えます。

パワーマウントの赤枠で囲ったパーツと上の写真の赤枠で囲ったパーツを入れ替えます。

これで完了!

USB-Aへの変換ケーブルを買ってお持ちのモバイルバッテリーを使うか、拡張バッテリーセットを使うか。

前者はモバイルバッテリーを収納する場所が必要になりますが、モバイルバッテリーをもともと持っていれば、予算は最低限で済みます。

後者は取り付けはスマートですが、拡張バッテリーセットの費用が掛かります。

稼働時間を延ばしたい方の参考になればと思います。

ライトウェイプロダクツジャパン

商品開発の鎌田でした。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (5 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。