SR SUNTOUR エアサスペンションの空気圧の調整方法について

「SR SUNTOUR サスペンションエアスプリングフォークを、最⾼のパフォーマンスで使⽤するには、

適切なサグ設定になるように空気圧を調整します。」

サグ(SAG)ってなに?

サグとは、「サスペンションが体重、乗⾞時の装備、荷物の下で圧縮される量」です。

サスペンションはショックを吸収するわけなのですが、衝撃を受けたときだけ沈み込むわけではなく、

そ~っとまたがった状態でも少し沈み込むようにしてあげる必要があるわけです。

推奨されるサグ範囲というものがあります

フォークのストローク値(トラベル量とも言います)に対して沈み込む割合の推奨範囲が決められています。

この範囲に入るように空気圧を調整していきます。

推奨空気圧表を参考に

モデルごとにライダーの体重と空気圧の一覧表があるので、これを目安にサグ調整を行っていくのが近道。

サグ調整動画

サグ調整をする際に結束バンドをつけてやっていますが、調整が終わったらカットして外してください。(ゴミやホコリが挟まるとインナーチューブが傷つきやすくなる為)

専用ポンプで空気を入れる

サスペンションのエア圧は高圧なのでサスペンションポンプを使用します。

画像はBBBのエアーショック

タイヤ&サスペンション両方入れられるポンプもある

「サスポンプは現地で気が付く忘れ物No.1なので、携帯ポンプと一緒なら忘れないと思います!」

BBBのデュアルプレッシャー

 

リアサスペンションも同様

エアサスペンションの基本となる、サグ範囲の調整についてまとめてみました。

サスペンションをグレードアップしてエアサスペンションにしよう、という方はぜひ参考にしてください。

ライトウェイプロダクツジャパン

鎌田でした。

SR SUNTOUR ページ

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。