クランクブラザーズ チューブレスタイヤツールの使い方

この頃、チューブレスタイヤを使われる方が多くなっていますね。

昨年発売のクランクブラザーズ携帯工具、マルチ13、マルチ20、そしてチューブレスタイヤ修理用携帯ツール「シガー」にはチューブレス修理用のツールが装備されています。

そこで、なかなか馴染みの無い、このツールの使い方をご説明します。

MTBタイヤ向きの修理方法

ご覧の通り、ツール自体が結構な太さです。フォーク先端部分は4mm程の幅があります。

MTBのようにタイヤ幅が太いものには使えますが、幅が狭く高圧なロードタイヤには不向きの方法と思われます。

(チューブレスレディはシーラント材を使用することが前提なので、シーラントだけで塞がるケースも多いです)

シーラントの吹き出しが止まらないぐらいの、穴の大きい貫通パンクに適した修理方法ではないでしょうか。

 

余談ですが、このM13にはT25,T10という2つのトルクスレンチが入っています。

T25は6穴ローターボルト、SRAMのフラットマウント用取付ボルトなどに使用、T10はSRAMの油圧ブレーキのブリードスクリューなどに使用と、油圧ディスク車を意識したラインナップです。

出先で緩んだネジを締めるなど、ツールが無ければ対応できません。あまり出番が無いほうがありがたい携帯ツールですが、バイクに合わせて新しくした方が安心ですね。

 

タイヤを付けた状態で行う

チューブドタイヤであれば、タイヤを外す作業は必須ですが、この作業はタイヤを外さずに行えます。

チューブレスタイヤは篏合がきついものが多いので、タイヤの着脱作業が無いのは大きなメリットです。

 

異物は完全に除去する

作業を始める前に、タイヤに刺さった異物を完全に除去します。

出先でニッパー等のツールが無い状態では手間がかかりますが、異物が残った状態ではうまく修理できません。

木片のささくれやガラス片など、残りやすいものは丁寧に取り除きましょう。

 

ツールのフォーク部分を差し込む

タイヤプラグツールのフォーク部分をタイヤの穴に突き刺し、回転させてタイヤ断面にヤスリ部分を当てます。

断面を整えることで、タイヤプラグが接着しやすくなります。

 

タイヤプラグ(修理材)をフォークに差し込む

穴が塞がらないと元の木阿弥なので、ケチらず1本丸ごと豪快に使いましょう。

 

ツールをパンク穴に押し込む

フォーク部分とタイヤプラグをパンクに押し込み、挟んだタイヤプラグの半分位が挿入されるようにします。

 

 

ツールを抜き取る

タイヤプラグを押さえた状態でツールを抜き取ります。抜けた空気を充填しましょう。

外にはみ出したタイヤプラグは、走行するうちに自然に削れます。

これだけの大きな穴は、タイヤにとってはかなりのダメージです。ライドから無事帰ったら、新しいタイヤに交換しましょう。

 

タイヤプラグツールを使い切ったら

付属のタイヤプラグツールは5本です。

残念ながら、タイヤプラグツールのスペアの取扱いは現在、ございません。

未確認ですが、同じような形状の修理ツールで使われている「自転車タイヤ用の修理材」は同様に使えると思います。

(形状があまりにも違い過ぎるもの等は、難しいかもしれません)

モーターサイクルや車用は、成分的には似ていると思われますが、そもそもサイズが大きく挿入すら出来なさそうです。

 

トラブルに負けず、今年もライドを楽しみましょう!

 

商品はこちら

クランクブラザーズ マルチ13

 

 

 

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 4.50 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter