子供用自転車「ZIT(ジット)」の販売を開始

「地球を楽しくしたい」を企業理念として、スポーツバイクブランド「RITEWAY」の企画・製造・販売を行うライトウェイプロダクツジャパン株式会社(本社 東京都豊島区、代表取締役社長 髙島義人)は、子供用自転車「ZIT(ジット)」の新製品の販売を開始いたしました。

今回販売を開始する「ZIT」の特長は次の通りです。

【ZITについて】
クラス最軽量6kg台(16サイズ)の「自転車が大好きになるキッズバイク」
大人がクロスバイクに乗って気持ちよく走れる感覚を追求し、4年の開発期間と12回のフレーム設計変更、4世代の試作品を経て、小さなお子様も気持ちよく安全に乗れるように細部までこだわりました。

●一般的な子供車よりも15%狭めたショートQファクター、カートリッジBBで、小さなお子様でも無理なくスムーズにペダリングできます。

●ZIT専用軽量アルミフォーク(インテグラルヘッドセット)を開発。高い防水性と耐久性を持ち、スムーズなステアリングを実現します。

●高い制動力を持つテクトロの子供車用ブレーキレバーと子供車用Vブレーキを採用。小さな手でも握りやすい19mmグリップ(20サイズ以外)で、一般的なキャリパー+バンドブレーキと比較して軽い力で安全に停止できます。

●16サイズより大きいモデルはダウンチューブ下にボトルケージ台座を装備。大人用バイクのボトルケージのようにボトルが入れられるので、簡単に水分補給が出来ます。
●子供車用に特別に設計された高性能なホイールが、軽さと制動力を両立。走りやすくブレーキもよく効きます。


*14、16サイズは補助輪の後付けが可能なシャフト長で設計。

【細部のこだわり】
●交換可能なステム
突き出し40mm、オーバーサイズ、25.4mmクランプで一般的なMTBステムに交換できます。成長に合わせてステムを変更して長く乗ることができます。
●長く乗れる新開発シートポスト
スポーツタイプのサドル一体型のシートポストを新開発。最低サドルが低く、高さの調整幅も広いので長く乗ることができます。
従来の子供車よりも30mmサドルを下げられるので、乗り始めの時はキックバイクとして使用できます。25.4mm径なので市販のシートポストへ変更してサドル高を上げることもできます。
●キッズ用に特別設計された高性能ホイール
14、16、18サイズは16Hの少スポークリムとハブを使用。軽量で走りやすく、安定した制動力があります。スポークは錆に強く丈夫なステンレス。ブレーキのあたり面はなめらかなCNC切削。
●カラーバリエーション
ライトウェイのシェファードとお揃いのカラー。親子でカラーコーディネートも楽しめます。(マットスカイブルー、マットブラックグレーを除く)

全国のライトウェイプロダクツジャパン製品取扱店舗でお買い求めいただけます。(12月頃より出荷予定)

 

ZIT(ジット)


14サイズ 35,800円
参考重量:5.8kg
変速:なし
補助輪:取付可(別売り)
商品サイト

 

16サイズ 35,800円
参考重量:6.3kg
変速:なし
補助輪:取付可(別売り)
商品サイト

 

18サイズ 37,800円
参考重量:6.8kg
変速:なし
商品サイト

 

20サイズ 39,800円
参考重量:8.6kg
変速:1×6段
商品サイト

カラー:全 5 色(マットベージュ、マットレッド、マットブラックグレー、マットスカイブルー、マットネイビー)
付属品:ペダル、キックスタンド、ベル

 

オプションパーツ:
補助輪(14、16サイズ用) 1,580円


六角レンチで取り外しと調整ができます。公園など出先で気軽に補助輪外しに挑戦できます。

 

BBカバー 1,480円


14、16サイズをキックバイクとして使用する場合は駆動系パーツを全て外すことをお勧めします。その際にBBシェルに指を入れないようにするためのカバーです。
アルミをCNCで削り出して、1つずつ丁寧に作っています。

 

ブロックタイヤ


2.125サイズのMTBブロックタイヤを装着できます。クッション性と走破性が高まり、迫力ある外観になります。
*オフロードを走る場合は幼児が安全に走れる河川敷や遊歩道、里山、パンプトラックなどをご利用ください。
ジャンプや本格的なダウンヒルコースでの走行は想定していません。
*ZITのフレームは国際規格 ISO 8098を上回る強度試験(15万回のペダリング疲労試験、フォーク衝撃試験等)をクリアしています。

ライトウェイ ブランドサイト

価格はすべて税抜です。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 3.50 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter