ディスクロードの軽量化にオススメ!最軽量ローター KCNC ディスクブレーキローター レーザー

坂バカスタッフRYOです。

もう珍しくなくなってきたディスクロード。

しかしリムブレーキと比べると重量面ではやはりデメリットがあります。

そこでディスクロードの軽量化にオススメのパーツを紹介します。

 

KCNC ディスクブレーキローターレーザー

軽量な金属製パーツを得意とするKCNCのディスクブレーキローター「レーザー」です。

まずは大胆な肉抜きが個性的で美しいです。

素材はステンレスで、厚みも1.8mmと、ごく一般的なスペック。特に特殊な素材や厚みでは無いので安心できます。

 

商品ページはコチラ
https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/product/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%8F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC-disc-brake-rotor-razor/

 

ディスクブレーキローター 140mm 最軽量

140mm径

驚きなのがその軽さ。140mm径で62g。

調べた限りでは140mmで最軽量です。

参考にFelt FXに付属のローターは120gありました。

およそ半分の軽さです。

その他サイズの重量は商品ページでどうぞ。

 

ブレーキ性能と耐久性も問題なし

160mm径。73g

この軽さと肉抜きなのでブレーキ性能が気になるところだと思います。

雨のダウンヒル、グラベルライド、SDA王滝とあらゆるシーンで使用していますが、制動力とコントロール性について変更前のローターとほとんど差は感じません。

唯一のデメリットを上げると、ブレーキとの組み合わせによってはキーキーという音鳴りと、ローターとパッドが引っ掛かるようなカタカタ音が発生する場合があります。

特にMTBやグラベルでブレーキを掛け続けなければいけない長い下りでキーキー音が発生することがありました。

ただ、シマノの現行パーツ、アルテグラR8000、もしくはGRXとの組み合わせでは今のところ音鳴りは確認していません。

ご参考に、過去に音鳴りが発生したブレーキはシマノ RS-805とAvidのMTB用でした。

また耐久性に関してもすぐに曲がってしまうのではという不安があるかもしれませんが、これも特に曲がりやすいということは感じません。

一般的なローターと同じように普通に扱っていれば特に問題ありません。

 

価格もリーズナブルなのでディスクロードの軽量化に是非試してみてください!

 

商品ページはコチラ
https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/product/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%8F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC-disc-brake-rotor-razor/

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter