クロスバイクが超快適になるBBBの マルチハンドルバー BHB-30

こんにちは、自転車通勤担当のサキです。

街ではあまり見かけないマルチハンドルバーの魅力についてご紹介します。

今回使用したのはBBBのマルチバーという商品です。
元々はドロップハンドルが装備されていたプラグにマルチバーを装着してみました。
何ともいえない形ですね、果たしてどこを持つのが正解なのかもわからないと思います。

マルチバー

 

取り付けは普通のハンドルと一緒で、ステムに挟み込んで固定します。
普通のグリップが使えないこともありませんが、マルチバー専用の長いグリップがあるので、それを使用します。
これの代わりにロードバイクで使われるバーテープを使ってもOKです。

マルチフォーム

 

取り付けるとこのようになります。

BBBマルチバー ハンドル クロスバイク (7)

 

マルチバーのメリット

・ハンドルポジションが3か所
クロスバイクのフラットバーだと1つしか手の位置が選べませんが、マルチバーだと手前、奥、横の3つを選べます。
腕の位置を自由に変えられるので、特にツーリングの時などに疲れがたまりにくいです。

・楽な姿勢になる

ハンドル クロスバイク おすすめ

 

この写真を見てもらうと分かりますが、ハンドル固定部分よりも手前にハンドルバーの位置が来ています。
これで上半身の前傾姿勢が楽になります。

マルチバーのデメリット

・幅が広いので、小柄な人には向かない。
横幅570mmなので、身長170cm以下の人には少し大きすぎるサイズです。
現状1サイズしかありません。

・本気で走るならドロップハンドルが優位
楽な姿勢で長距離を走ることを目的に作られているので、前傾姿勢は浅めになります。
より速さを目指すならドロップハンドルの方が有効です。

3か月ほど使ってみましたが、本当に楽な姿勢で背筋も疲れずに通勤できます。
力を入れて走りたいときは横を持てばバーエンド代わりにして強く踏み込むこともできます。
今クロスバイクに乗っていて、手が疲れるな~と思っている人は是非カスタムの候補に入れてみてください。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (22 votes, average: 4.05 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。