キャメルバックのボトルの洗浄方法

【サイクルボトルのメンテナンスしてますか?】

キャメルバックのサイクリングボトルは手洗いと食洗機で簡単に洗うことが可能です。

  • キャップを外し、飲み口のバルブをオープンにして、すすぎやすいようにしておきます。

    バルブロックを矢印の方向に回しておくと水がしっかり流れるので、洗剤が溜まったりせず、しっかりすすげる。
  • シリコンの飲み口は、引っ張ると外すことができるので、単体で洗浄できます。
    シリコンの飲み口はグッと押し込まれてはまっているだけなので、グイッと引っ張ると外れます。

    シリコンのキャップは矢印の溝にはまっているだけなので、グーッと力をかけてひねって持ち上げると外すことができます。戻す時も手のひらでグッと押しつけてグリグリやるとはまります。
  • ぬるま湯の石鹸水で洗浄した後に食洗機に入れる。
  • ボトルの内部は水筒等と同様に長いブラシを入れて洗浄する。

*食洗機に入れる場合には高温設定厳禁!

高温によってボトルが変形してしまう可能性がありますので、食洗機の洗浄モードやヒートブーストモードなどを使用しないように注意してください。

*バルブ口にブラシを突っ込まない事!

飲み口の弁は繊細な作りになっているので、ブラシを突っ込んで洗ってしまうと変形して水が漏れる原因になります。

ジェットバルブの核心部、ここにブラシを突っ込んだりしてしまうと、変形してバルブが開いたままになってしまう可能性があります。

動画で紹介ボトルの洗い方

以上、キャメルバッグのボトルのメンテナンスについてでした。

ライトウェイプロダクツカスタマーサービス

カマタアツシでした。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (8 votes, average: 4.25 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter