使い捨てはもう古い!KCNC新型エンドキャップ シフトケーブルとブレーキケーブル用

 

このブログを定期的にご覧になられている方はタイトルを見て、「またKCNCかよ!」って思いつつ、そろそろKCNCのファンになっているのでは?笑 (ブログ紹介率 異常に高め)

ブレーキ・シフト調整後、

インナーワイヤーに取り付けるインナーキャップ。

 

ワイヤーがほつれたり、ケガ防止の役割があります。

一般的なインナーキャップなら工具を使用して、かしめるので基本は「使い捨て」で・す・が!

今回紹介するインナーキャップの最大の特徴は何度も使用可能!

しかも取り外しが簡単。 ナイスアイデア商品!

【KCNCの新商品「スレッドロックインナーキャップ」】

価格:¥700(税抜) ※ブレーキ用・シフト用があります。

内容物はコチラ。

2個入り、前後分ワイヤーを止められるようになっています。
もちろんアルミ製、カラーも豊富!

 

 

樹脂とアルミのシムが2個ずつ付属します。

ワイヤーのコーティングの有無で使用するシムが異なりますので注意。

なので、取り付ける際2個余ります、失くさずに保管下さい。

 

太さは3.8mm

長さは14.8mm

2つ合わせても、1g満たない重量

 

 

 

【取付方法】

針に糸を通すようなパーツですので、少しコツが必要です。

よく見てみるとインナーワイヤーは無数の針金をねじ込んで編んでいますよね?
編んでいる方向と同じ方向に回しながらパーツを入れていくと、ワイヤーがほつれずスムーズ!

※指にワイヤーが刺さらないようにご注意下さい

 

 

両端を締め込めば、完成!

一般のインナーキャップより値段は断然お高いですが、エコでワイヤーの末端までオシャレ!
そこそこの力で引き抜こうとしても、抜けなかったのがちょっと驚きでした!

取り外す際も簡単でワイヤー自体に跡が付いたりがありませんでした!

下の画像で、見比べると少し大きいですが、このギミックにしてはコンパクトに設計されています。

<シフトブレーキver>

<ブレーキver>

KCNCのBBから始まり、KCNCのハンドル・シートポスト・ブレーキを取り付け、最後にKCNCのエンドキャップで起承転結!

ほらKCNCだらけ!!

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (5 votes, average: 4.80 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+