ガーミン エッジ 拡張バッテリーを取り付けるときの注意点 1000/820/520も使える?

待望のEDGE1030拡張バッテリーが入荷してきましたので、使用する前に写真を撮ってみました。

内容物

・充電ケーブル関係 各種コンセント規格に対応しています。

・マウントアダプター

・拡張バッテリー本体

GARMIN 拡張バッテリー

バッテリー残量インジケータの下のスイッチを押すとバッテリーのスイッチが入ります。

レバーを動かすことでマウント側の爪に装着できるようになっています。

GARMIN 拡張バッテリー

インジケーターが光ります

GARMIN 拡張バッテリー

バッテリーの充電と、EDGE1030以外へ給電するときのポートはカバーをめくって行います。

GARMIN 拡張バッテリー

マイクロUSBで充電、USBで給電です。

GARMIN 拡張バッテリー

付属のアダプターはマイクロUSBケーブルです。

GARMIN 拡張バッテリー

EDGE1030と拡張バッテリーの取り付けに関しての注意点

EDGE1030Jを購入した方はメーター取り付けマウントが拡張バッテリー対応になっています。

GARMIN 拡張バッテリー EDGE1030

 

通常EDGEシリーズのメーター本体についている爪をマウントに90度回転させることで装着できますが、

拡張バッテリーを装着するときには1030の裏についている端子と拡張バッテリーについている端子がぶつかる為、

回転して装着する方法が取れません。そこでレバーアダプターというものを元々付いていた部品と交換することで

取り付けが可能になります。

GARMIN 拡張バッテリー EDGE1030

GARMIN 拡張バッテリー対応アウトフロントマウント

GARMIN 拡張バッテリー対応アウトフロントマウント

 

GARMIN 拡張バッテリー対応アウトフロントマウント

GARMIN 拡張バッテリー対応アウトフロントマウント

 

EDGE1030以外の対応品を使用する場合(エッジ1000やエッジ820など)

拡張バッテリー対応のアウトフロントマウントが別途必要になります。拡張バッテリーには付属してこないため、別途購入が必要になります。

その際は本体裏の端子同士の接続ではなく、USBケーブルをつないでの給電になるので、レバーアダプターは使用しません。→拡張バッテリーの端子が元々付いているマウントにぶつかるので、必ずレバーアダプターへの交換が必要です。

GARMIN 拡張バッテリー対応アウトフロントマウント

2020/3/17 追記

赤枠で囲った部分の謎のパーツがありましたので、確認を取りました。

「充電ケーブルに巻くノイズ対策用のフェライトコア」というもので、海外コンセントを使う時にケーブルに巻き付けて使用するそうです。

日本で使用する限りは不要です。

以上新商品ガーミン 拡張バッテリー取り付け方に関するマメ情報でした。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (25 votes, average: 4.36 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。