長時間持続する日焼け止め。ツーリングには必須です。

日焼け、嫌ですね。シミ、ソバカスの原因、嫌ですね。

90年代を生きた私には信じられない時代です。あの頃は、日焼けがモテる条件で、みんな、焼きを求めて右往左往していましたから。革命でも起きたのか、と思ってしまいます。

肌への効果をしっかり考える若者たち、冷静でいいです。

そんな現代のたしなみ、日焼け止め。

真夏に自転車で旅をしようとしたら、必携ですね。

今回、オススメしたいのは、自転車ガールズユニット「ちゃりん娘」が開発に参加した「アスリートサンクチュアリ」です。

DSCF2782

 

 

SPF35?  50じゃないから日焼け防止が弱いと思っていませんか?

 

日焼け止め。SPF10とかSPF50とか、色々ありますね。

SPFはSun Protection Factorの略です。

アスリートサンクチュアリはSPF35です。

え、50じゃないから、ちょっと日焼けしそう・・・。

それは違うらしいですよ。

SPFは持続時間を表すそうです。

通常の人だと、だいたい、20分くらいで日焼けするそうで、それを防止する時間を表すのが、SPFです。

つまり、SPF35ですと、

20分 × 35 = 700分 (11時間40分)

に日焼けするまでの時間を延長することができます。

SPF50は、

20分 x  50 = 1000分 (16時間40分)

とっくに日が暮れていますね。

通常の日焼け肌の人であれば、SPF35でツーリング1日分、十分じゃないでしょうか。

SPFは持続時間を表すものではありませんが、運動しても落ちにくい処方になっているのが特徴です。

しかも、アスリートサンクチュアリは、トライアスロンで泳いでも落ちないという防水効果。

一日、自転車を漕いで目的地を目指しても、汗で効果が落ちていることはありませんでした。

PAも最適化されています。

日焼け防止効果は「PA」 を見ましょう。

PAはProtection Grade of UVAの略です。

最近、測定方法の関係で、3グレードだったのが、4グレードになっています。

アスリートサンクチュアリは、PA+++。上から2つ目のグレードです。

PA+++以上は、炎天下のスポーツ、レジャー向けと言われていて、自転車旅行には十分な効果があります。

物によっては、最上位のPA++++は、強すぎて肌に負担があると言われています。

女子なら気になる美肌効果。女子ライダーが開発しただけあって、化粧水の美白効果もあるアスリートサンクチュアリはPA+++に設定されているということです。

私は真夏のツーリングで使用して、日焼けした印象はありませんでした。

美肌、については、気にしたことがないので、この効果については他の人のブログに譲ります。。。

DSCF2789

 

まとめると、

①日焼けをするまで10時間以上かかるほどの紫外線軽減効果で、自転車旅向き。

②汗で流れないので、自転車をはじめ、スポーツに最適。

③美肌効果もある、と、ちゃりん娘が力説している。

 

さらに詳しいスペックや価格の情報はこちら↓

http://www.riteway-jp.com/pa/as/as.html

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+