MTB、BMX等のプレイバイク系のグローブに求められるものとは?

プレイバイク系ではそもそも冬用も夏用も特に区分けはありません。使用感が重要なので寒いといって厚手の生地で乗るなんてこともありません。

繊細な方はグローブを装着するのもNG、素手で乗る方もいらっしゃるほどです。

求められるのはざっくりと「丈夫で使用感が良く、手が痛くならないもの」になりますが、それぞれ何が求められるか書き出してみました。

・手のひら側に求めるもの

基本表面に何もついていないものが理想です。

ついているものとすれば滑り止めのラバーくらいでしょうか。

余計なパッドやゲルが着いたものはグリップに対しての接地感が乏しく、しっかり握れないコントロール性の欠けるものになります。

生地自体も厚すぎてもダイレクト感が減り、違和感が出ます。力も入りません。

逆に薄すぎても手のひらへのダメージが蓄積しやすくなりますし(マメが出来やすくなります)穴が開きやすいものになってしまうのでちょうど良い厚みが必要になってきます。

・手の甲側に求めるもの

伸びの良いものを選ぶ。

握った時に握る力が甲の生地の突っ張りで阻害されるものはNG。

柔らかく伸びる生地が理想です。長時間乗っていると握力に影響が出てきます。

また生地が薄すぎても良くありません。基本手のひら側を守れればと思われがちですが、以外と転倒した時に甲側を怪我する場合があります。

薄いと涼しくて快適ですが少し厚みがあったほうが安心です。

・通気性の良いもの

手のひら、手の甲側共に通気性が求められます。

冬場は問題なくても夏場に通気性が悪いとグローブ内で手が滑り、酷いとグローブ表面側のグリップ側でも滑るようになりグローブの意味が無くなります。

その状況を避ける為にも通気性は大事です。

・縫製の良いもの

力の入るアクション系ライドは生地が強く引っ張られる傾向となり、縫製が弱いと糸がほつれてくる可能性が高くなります。

アッパーに伸縮性があるものでしっかり縫製されたものは縫製に負担がかかりにくく結果丈夫で長持ちします。

・手首のベルクロはあり?なし?

ベルクロあり

手首に違和感を感じるという方もいらっしゃいます。大半のグローブはベルクロが付いてますので大して気にならないと思います。

グローブは脱着の抵抗が少なく楽です。特に汗をかくと脱着の抵抗が大きくなる夏場にはベルクロ付きのグローブが良いと思います。

ベルクロ付きの懸念点は冬場に長袖でライディングする場合、ベルクロで衣服の手首周りが傷む可能性があります。また、ベルクロを外す時に多少指先が痛みます。

ベルクロなし

手首周りにベルクロのような違和感を感じません。

汗をかきやすい夏は脱着の抵抗が少し大きくなります。

冬場は汗をあまりかかないので脱着に抵抗はほとんどありません。

冬場は長袖で乗ることが多いと思いますが、ベルクロによる衣服の手首周りのダメージがなくなります。

FUSE グローブ

FUSEのグローブはアクショングローブとしての性能をどのモデルも備えております。

デザインが大きく異なりますのでお好きなものをお選び頂ければと存じます。

FUSE公式サイト

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 4.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。