ブレーキレバーの握り幅調整

ブレーキレバーに指が届きますか?

下の写真のようにブレーキレバーに指を当てたときに第一関節よりも先にレバーが来ている場合は要注意。

とっさの時にレバーに指が届かず危険です。

ワイヤー式ブレーキの場合

赤丸で囲った小さいネジが握り幅調整のネジです。

ここを調整して自分の手に合った位置にするとブレーキレバーが握りやすくなります。

ボルトを緩めるとレバーがグリップから遠くなります。レバーが近すぎる場合はここを緩めて調整します。

ボルトを締めこむとレバーがグリップに近づいていきます。

手の小さいお子さんなどはここを調整すると指にレバーが届くので安全性が格段にアップします。

指の第一関節の真上くらいにレバーが来るのが理想の位置。お好みで微調整してください。

注意点

ワイヤー式はここを調整するとブレーキのワイヤーの張り具合が変わってしまうので、ブレーキの調整も必要です。

握り幅を狭くしてレバーをハンドルに近づけたら、ワイヤーを緩める必要があります。握り幅を広くすると、ワイヤーを張る必要があります。

ご自身の調整に自信の無い方はお近くの販売店へご相談ください。

油圧ブレーキの場合

油圧ブレーキレバーの場合にも握り幅調整機構があります。

ワイヤー式レバーと違う点は、ブレーキ本体の調整をしなくても握り幅調整が行える点です。

ご自身のバイクの握り幅、きちんと体に合ってますか。

ぜひご確認いただき、レバーが遠い方はぜひ調整をお勧めします。

ライトウェイプロダクツジャパンカスタマーサービス

鎌田でした。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 4.75 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter