Alexrims ALX473をチューブレスタイヤ化 アレックスリムズ

坂バカスタッフです。

47,000円で1,460g

そんな驚きの軽量ホイール「ALX473EVO」は、チューブレスレディ対応です。

今回は実際にチューブレスタイヤ化してみました。

 

チューブレスレディで用意するもの

・チューブレスレディ用リムテープ(ホイール2本分)

 

・バルブ2個

 

上記はALEXRIMSから純正チューブレスレディキットが用意されています。

ALX473EVOに対応するのは18mm幅のテープです。

https://www.riteway-jp.com/pa/alexrims/828675.html

 

・シーラント

純正品やメーカー指定のシーラントはありません。

今回はIRCのタイヤを使用するため、IRCのシーラントを用意しました。

 

思ったより簡単にチューブレス化が完了

恥ずかしながら私は初のチューブレスタイヤでした。

チューブレスと言えば、やれタイヤがはまらないとか、やれビードが上がらない等、組み付けが難しいイメージがあります。

しかし、実際に組み付けてみたところ、大きな問題なく組み付けることができました。

とは言え始めての作業で迷った部分は多かったので、それを順に記します。

全体の手順は「チューブレスレディ 取付」といったワードで検索すると出てきますので、それを参考にしました。

 

・リムテープ幅

チューブレスレディ用のリムテープですが、幅の確認が必要です。

Alexrims は対応表を出しています。

http://www.riteway-jp.com/pa_img/alexrims/top_img/alexrims_tubelessladykit_support_list.pdf

・リムテープのバルブ部分の穴あけ

リムテープを貼った後に、カッターナイフでバルブ穴に沿っておおざっぱに丸く穴をあけました。

・バルブに付属するゴムOリング

これはバルブナットの傷を防止するためのものです。

バルブナットをよく見ると、これがはまるような形状になっていますね。

・バルブのラバーベース形状

純正バルブのラバーベース形状とリムの面が密着しないように見えますが、問題なくチューブレス化ができましたのでご安心ください。

・タイヤはめがかなり固い

クリンチャータイヤをリムにはめる作業には慣れていて、タイヤはめには割と自信があったのですが、正直かなり固かったです(笑)

片側のビードもはまらず四苦八苦。

悔しいですが、タイヤレバーを使いました。

IRC からは専用のタイヤレバーが用意されていて、これを使ったところあっさりとはまりました。

実は、タイヤをはめる前に石鹸水をリムのビードフック周辺に塗ることが推奨されているのですが、これを塗らずに作業しました。

石鹸水を塗れば、もっと簡単だったのかもしれません。

・ビード上げ

今回使ったのは普通のフロアポンプ。

サーファス FP-200

ビード上げに苦労したという話はよく聞くので覚悟をして、勢いよくポンピングしました。

すると、本当に一瞬で、普通にビードが上がりました。

・シーラント注入

ビードを上げる前にシーラントを入れることもできますが、今回はビード上げ後にバルブからシーラントを片側30g注入しました。

バルブのコアを抜くことで注入が可能です。

・バルブ長

ALX473と純正バルブの組み合わせだと、バルブ長は短めです。

私は、サーファスのポンプ「FP-200」でギリギリ空気を入れられましたが、ポンプによっては空気を入れられない可能性があります。

その場合は、延長バルブを別途ご購入ください。

 

チューブレスタイヤの使用感は?

今までのタイヤ遍歴を紹介しておくと、チューブラータイヤを使っていた期間が長く、最も好きなタイヤシステムもチューブラーです。

チューブレス化の前に使っていたのは、150gの超軽量クリンチャータイヤに70gの軽量ブチルチューブの組み合わせ。

今回選んだチューブレスタイヤは、最軽量レベルの260gの軽量モデルです。

正直な感想ですと、チューブラータイヤや軽量クリンチャータイヤと比べると、軽快感や乗り心地で劣ると感じました。

ただし、大きな段差に対する安心感は非常に高いです。

バイクが跳ねずに路面に追従する感覚があります。

また、スプリントやダンシングなどでもタイヤが潰れず、パワーをロスしません。

これは、チューブラーや軽量クリンチャーの「しなやかなケーシング×高圧」と、チューブレスの「高剛性のケーシング×低圧」の違いによるものではないかと推測します。

もちろん、耐パンク性や耐久性では、チューブレスレディの圧勝です。

個人的には、レースにはチューブラータイヤや軽量クリンチャータイヤを使いたいですが、トレーニングも含めて安心感があるのはチューブレスレディです。

もちろん使用するチューブレスタイヤによっても異なると思いますので、次は別のモデルを試してみたいと思います。

 

ブランドサイトはコチラ

https://www.riteway-jp.com/pa/alexrims/alexrims.html

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 3.33 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter