ちょっと珍しいヘッド規格対応 KCNC ヘッドパーツ KHS-F10 

ちょっと珍しいヘッドパーツのご紹介です。

KCNC KHS-F10 TAPERED

何が珍しいかというと

上側:セミインテグラルタイプ(フレームの中にベアリングが入っているタイプ)

下側:エクスターナルタイプ(フレームの外にベアリングが出ているタイプ)

という組み合わせで、上下でヘッドパーツのタイプが変わっています。

KHS-F10 TAPERED  502371 ブラック  税抜価格¥6,800
対応ステアチューブ:1-1/8″-1.5″

 

内容物:下玉押し/下ベアリング/下ワン/上ワン/上ベアリング/ダストシール/上玉押し/トップカバー/スターナット/トップキャップ&ボルト
上側はセミインテグラルヘッド:ワンをフレームに圧入して、その中にベアリングをセットするタイプ。
ベアリング部分はフレームの内部に隠れる
フレームに圧入される部分の深さは約9.7mm
圧入部の外径(フレームの内径)は約44ミリ
下側の圧入部は49.6mm
圧入部分(ノギスで測っていない方)の厚みが20mm フレームから飛び出す部分が13.3mm
フレームの下に出る部分の直径は約58mm

どんなバイクに採用されているのか

2014 GT DISTORTION

2014 GT LA BOMBA

上記2モデルともにダートジャンプ系のバイクでかなりハードな使い方を想定されています。

2019モデルでは使用されているGTのバイクは無くなってしまっていて、現在ではめずらしいヘッド規格となっています。

詳しい商品情報はこちら

https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/502371.html

以上

ライトウェイプロダクツカスタマーサービス

カマタアツシでした

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+