ディレーラーハンガー(ディレイラーハンガー)折れの原因とは? 

【ディレーラーハンガー(ディレイラーハンガー)とは】

スポーツバイクのリアディレーラー(変速機)をフレームとつなぐ部分を

「ディレーラーハンガー/ディレイラーハンガー」と呼ぶ。

スチールフレームのディレーラーハンガー
鉄のフレームの場合、ディレーラーハンガーはフレームと一体になっている。

<交換できるディレーラーハンガー>

鉄のフレームだと、ディレーラーハンガーとフレームは一体型の場合が多い。

一方、アルミやカーボンのフレームだとディレーラーハンガーとフレームが別々になっていて、ディレーラーハンガーが交換できるようになっている。

カーボンフレームのリプレーザブルディレーラーハンガー
カーボンフレームについているディレーラーハンガー。万が一の時にフレームが使用不能になることを防ぐため、交換式になっている。

<交換式になっている理由>

鉄のフレームはぐにゃりと曲がるので、曲げ直しがきく場合が多い。アルミの場合は素材の特性上、曲げ直しを繰り返すとボキッと折れてしまうことがある。折れてしまったらフレームが使用不能になってしまうので、アルミやカーボンフレームの場合には交換式(リプレーザブルディレーラーハンガー/リプレーザブルエンド)になっている。

<ディレーラーハンガーが曲がる要因>

自転車を右側に転倒させると、写真のようにペダル、リア変速機が地面にヒットする。

この時にディレーラーハンガーには外から内側に向かって大きな力が掛かる。

こういった衝撃でディレーラーハンガーが曲がってしまうことがある。

*ディレーラーハンガー自体、走行中に変速機をしっかり支える頑丈なものである。強度があるものなので、もちろん倒したくらいでは簡単に折れたりはしない。

ディレーラーが地面にヒットする様子
ディレーラー側に倒れると、ディレーラーが直接地面にヒットする。*ペダルやハンドルもヒットするので風など不意に倒れないよう気を付けたい。

【ディレーラーハンガーはなぜ折れるのか】

「普通に乗っていて、ディレーラーハンガーが折れてしまった」

こうした問い合わせはカスタマーサービスに多数寄せられる。

ディレーラーハンガーが折れる要因とはいったい何なのか。

ディレーラーハンガーが折れると、フレーム側とディレーラー側に折れたディレーラーハンガーが残る

<折れたディレーラーハンガーの形状>

フレーム側とディレーラー側の折れた部品を繋いでみると、変形しているのが分かる。

変形したディレーラーハンガー
折れる前と折れた後のディレーラーハンガーは明らかに形状が異なる(素材や、形状、折れる状況によって程度は異なる)

折れたディレーラーハンガーをつないでフレームに戻してみると、大きく変形している。

折れたディレーラーハンガー
真後ろから見ると、内側に大きく曲がっていることが分かる。

フレームのドロップエンド形状から大きく変形し斜め後方へ引きちぎられている。このことから何らかの大きな力がディレーラーハンガーに掛かったことで折れ、ディレーラーハンガー自体の強度に問題がなかったと推測できる。(強度に問題があれば、後ろに引っ張られたような形状にはならない)

ひっぱられたディレーラーハンガー
折れたディレーラーハンガーをフレームに戻してみると、フレームと重なる部分が大きく後ろに引っ張られて変形しているのが分かる。

カスタマーサービスでは、過去多くのディレラーハンガー折れの報告、実車の確認を行ってきた。

その際、上記同様に引きちぎられる形状が確認された。もちろん引きちぎれた際の形状や程度は、ディレーラーハンガーの形状や素材によってそれぞれ異なっている。

【検証:ディレーラーハンガー折れ要因】

ディレーラーハンガーが「引きちぎられる形状」とは、どのような状況で起きうるのか、弊社カスタマーサービスでは考え得る状況を全て検証した。

<検証①:リアフリー機構の破損により、フリー機構が固着してしまった状態で走行中に足を止めたらどうなるか>

結果:リアディレーラーが前方へ強く引っ張られる力が働くため、後方に折れる現象とは異なる。

<検証②:カセットスプロケットとスポーク(スポークプロテクター)の間にチェーンが落ち、チェーンが噛みこんでしまったらどうなるか>

結果:検証①と同様に、リアディレーラーには前方に強く引っ張られる力が働くので、後方に折れる現象とは異なる。

<検証③:ディレーラーハンガーが内側に曲がり、スポークにディレーラーのプーリープレートが引っ掛かり巻き込まれるとどうなるか>

結果:この状況でペダルをこぎ続けると、リアディレーラーは後方内側に引きちぎられる。

下記、赤で囲った部分、リアディレーラーのプーリープレートがスポークに引っかかっていることが確認できる。

スポークに引っかかるプーリープレート
スポークにディレーラーのプーリープレートが引っかかっているのが確認できる

上の写真の状態でそのまま走り続けると、リアディレーラーが下画像の矢印方向に引っ張られる。その結果ディレラーハンガーが力に耐えきれず、後方に引きちぎられる様にして折れてしまう。

ホイールに巻き取られるディレーラー
スポークにプーリープレートが引っ掛かった状態でホイールが回転すると、ディレーラーが巻き取られてしまう。

*破損の仕方はスピード域によって異なる

・スピードが遅く、力がそれほどかからない状況で折れた場合

→一本だけスポークが変形していることが多く、リアディレーラーやチェーンに損傷は見られない。

折れたディレーラーハンガー
低速で巻き取られたディレーラーと折れたディレーラーハンガー
プーリープレートが引っ掛かって曲がったスポーク
プーリープレートがスポークに引っかかると、スポーク側にキズや曲がり等の痕跡が残る。

・スピードが速く、力が掛かっている状況で折れた場合

リアディレーラーが後輪に大きく巻き込まれ、スポークだけでなくディレーラー、チェーンの変形、フレームにも損傷を与える。

高速で折れたディレーラーハンガー
高速でディレーラーハンガーが折れると、ディレーラーがフレームにまで損傷をあたえてしまう。

<検証④:チェーンのねじれ、チェーンプレートの外れの現象によりプーリープレートにチェーンが引っ掛かるとどうなるか>

結果:検証③と同じようにディレラーハンガーが後方へ引きちぎられる。

下記画像はチェーンのねじれが原因でチェーンがディレーラーのプーリープレートに乗り上げてしまう場合。

チェーンのアウタープレートがディレーラーのプーリープレートに乗り上げる様子
チェーンのアウタープレートがディレーラーのプーリープレートに乗り上げる様子

下記画像はチェーンプレートの外れによって、チェーンのプレートがディレーラーのプーリープレートに乗り上げてしまう場合。

チェーンのアウタープレートが外れてプーリープレートに乗り上げる様子。
チェーンのアウタープレートが外れてプーリープレートに乗り上げる様子。

<ディレーラーハンガーが折れる感覚とは>

検証③と④では全く感覚は異なる。

<検証③>はディレーラーがスポークに巻き取られてしまうので、ホイールの回転の力によるもの。人が乗車して走行中の車輪が前方へ回転する力は想像以上にすさまじく、リアディレーラーが巻き込まれると「あっさり」と折れてしまう。

<検証④>はディレーラーがチェーンにの力でひっぱられる力によるもの。ペダルを回して踏み込む必要がある。

下記動画は③の状態を屋外で実際に走行して再現したもの。

【結論:ディレーラーハンガーが折れる要因】

ライトウェイプロダクツジャパンカスタマーサービスが考えたの4つの仮説と独自検証による、これまでの結果からディレーラーハンガーが折れる要因は以下の2種類と断定した。

<要因1:リアディレーラーがスポークに引っかかり巻き取られる。>

何らかの外的要因によりディレーラーハンガーが内側に変形し、ロー側にシフト操作をした際に巻き取られる。

(外的要因:自転車を倒してしまった、駐輪場など自分が見ていない場所で倒れてしまったなど。)

<要因2:チェーンの変形やプレート外れにより、チェーンがディレーラーに引っかかり巻き取られる>

無理な変速やチェーン脱落、噛み込みなどでチェーンが変形または破損。そのまま気づかずに乗っていて発生する。この場合ホイールに巻き取られるわけではないため、どのギア位置でも起こり得る。

【ディレーラーハンガー折れ予防方法】

<自転車が倒れるような状況にしない>

自転車を止めるとき、壁に立てかけるときなど、リアディレーラー側を倒れにくい方向にする。ディレーラー側を風上にしてとめるなど。

<変速がおかしいな、と感じたらディレーラーハンガー曲がりを疑う>

駐輪場から出発したら、なにやら変速がうまく決まらない。そんな時はディレーラーハンガーが曲がってしまっている可能性がある。

【まとめ】

出先でディレーラーハンガーが折れてしまうと、走行ができなくなってしまう。自転車を倒してしまった、変速の感じがいつもと違うなど少しでも違和感を感じたらお近くの自転車専門店へ。

以上、ライトウェイプロダクツジャパン

カスタマーサービスでした。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (47 votes, average: 4.60 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+