商品情報

ウィルバイシクル

住所 神奈川県相模原市中央区上溝5-3-16-101
TEL 042-760-8852
営業時間 12:00〜19:00
定休日
WEB http://blog.livedoor.jp/willbicycle/


店内の様子


スタッフさんによる商品インプレッション

GT
 ◆◇◆◇◆◇◆◇ 大崎真一さんのインプレレポート  ◆◇◆◇◆◇◆◇
走行日 7月14日 水曜日
コンディション ウエット
ロケーション  富士見パノラマ

ウィルバイシクル主催の定例イベントでセンサー3.0にて富士見パノラマを走りました。
まずはCコースを走ってみました。
いつも行っているトレイルとは全く違ったスピードレンジ(高速)での走行ですが、リアサスペンションがキッチリ仕事をしてくれているお陰で、小難しい事を考えなくとも普通に下れてしまいます。今まで自身ハードテイルを乗りついできたので「今のラインでは転倒していたかも?」というようなところでもサスペンションの性能の高さでなんとかなってしまうそんな印象です。攻めた走りをするのであればフォースの方がより安心して下れると思います。これはフルサス全般に言える事だと思いますが、長く下っていても体に優しく圧倒的に疲労が少ないです。
続いてBコースを走りました。
雨天でマッドコンディションの中を走りましたが、正直センサーでは難しく感じました。個人的にこのコースはダウンヒルマシンで下ってこそのコースだと感じたので、センサーのせいではないと思いますが比較するとここでもフォースに分があるように感じました。

総括
今回はセンサーとフォースを同サイズ(XS)で乗り比べる機会に恵まれ、比較するとセンサーの方が一まわり位小さくテクニカルなコースでは扱いやすいのではないかという印象を受けました。 富士見では多少の物足りなさを感じる場面もありましたが、私が普段走るフィールドは里山やトレイルがメインで、取り回しの良さなどから考えるとむしろトレイルでこそセンサーの良さが光るのではないかと期待しています。 これから「のんびりトレイルライド」や「クロスカントリーレース」を始める方にはカタログの謳い文句どおりの最適な1台だと思います。
 
 
 

 
 
 
 
GT | MTB | ラボンバ
ラボンバ  
2011年より新しく加わったラボンバ。e-thirteenのチェーンデバイスを標準装備されています。
   
   通い慣れたいつものトレイルで”GT LA BOMBA”を試乗しました。 自身がメインで使用しているXC系MTBが比較の対象ですが、ラボンバに乗って強く印象に残ったのがその反応の良さです。ボディーアクションに対して車体がリニアに反応し、ヒラヒラと向きを変える事が出来るので、連続するコーナーがとても楽しく感じました。
 ラボンバはアクションライドだけでなく、下りも得意なMTBなので、ハードテイルダウンヒルが好きな方にもおすすめ出来ると思います。

 
 
 

掲載している情報は、記事執筆時点のものです。価格やスペック、その他情報は変更になる場合があります。

神奈川県へ戻る