商品情報

marco 自転車タイヤショップ

住所 東京都足立区鹿浜1-13-12-103
TEL 03-5809-5590
営業時間 11:00〜20:00
定休日 火/水(第1第3)
WEB http://marcocycletire.donburako.com/


スタッフさんによる商品インプレッション

 
 
 
 
Z5  
パリ・ルーベにも使用されたロングライドだけでなくプロ・ロードレースにも使われるオールラウンドモデル。ライダーの負担を軽減する為のジオメトリーとロードレースで培われたフレームつくりの技術が快適な乗り心地と走破性を提供します。 
   
   まずは、組立時と試乗前に外観からの印象はすごく塗装がきれいなことで、ラインがはっきりしていてきれい、塗装の艶がすごくよくていつもきれいにして乗ってたい感じです。これはやっぱりフレームに書かれてる PAINT SUPPLIED BY DU PONT のお陰でしょうか?このクラスのカーボンフレームにありがちなエンドやシートポストクランプ部の仕上げの甘さもなくきれいに仕上げられています。残念なのはBBのフェイスで、削っているようなんだけど荒いために塗料が汚く削れてるところがあってこれなら何もやってなくて販売店側でやるほうがいいかもしれません。
 ホイールに関してもバデッドスポークやカラーアルミのニップルを使ったりしていい感じに仕上げてあって自転車にも似合ってると思います。ただ量産やっぱり組立てはラフで1mm以上の縦振れがあったので、振取りの必要がありました。
 試乗のためにポジション出しをしての感想ですが、このモデルのコンセプトだとは思いますが、試乗車の510サイズの場合、カタログの適応身長からしても少々ステム長80mmは短すぎるような気がします。これだと、まったくの初心者のかたやクロスバイクからの乗り換えのかたには最初のうちはいいかもしれませんが、すぐに長いものに交換したくなるんじゃないかと思います。
 200kmほど試乗してみての感想ですが、まず一番に感じたのは、リラックスポジションで楽に乗れることです。乗り心地に関しては、それほどいいとは思いませんでした。25cタイヤを使ったりスポーク本数を32本にしたりと目指す方向はわかりますが、フレーム自体はいい感じで剛性もあるし、25cタイヤのなかでも乗り心地が硬いZAFFIROを使っているせいで、路面の凹凸に対して跳ねるような乗り心地になってしまってると思われます。このタイヤの場合、だからといって空気圧を下げるとかなり回転が重たくなりますから。
 楽チンな自転車で100〜200kmと出かけたい方は、もう少ししなやかなタイヤに履き替えることをおすすめします。また登り主体のようなルートだとホイールが重たくて少々辛い思いをします。SERFAS の SECA RACING を履かせたらすごくよくなるんじゃないかと思います。できれば最初からこれにしてくれればよかったとも思います。
 ポジションが出せるかは別にして、このフレームならホイールを換えればレース向きの自転車にすることも可能だと思いました。自分は試しにカーボンホイールにチューブラータイヤを履いてみましたけど、乗り心地も悪くなく中速域以降の加速もいいし、登りでも前々に進んでくれる自転車になりました。
 この自転車なら初めてのロードバイクとして購入して、だんだん体や技術がレベルアップしてレースに出たりするようになっても部品を換えたりして、十分使える、長く付き合える自転車になると思います。
 
  
 

掲載している情報は、記事執筆時点のものです。価格やスペック、その他情報は変更になる場合があります。

東京都・足立区へ戻る