INSIDE

ダイビング用品の開発をしていたカール・ウィンフォードナーとフランク・ハーマンセンはデザインパートナーであり、サイクリングファンでもあった二人がサイドビジネスとしてバイクパーツのデザインを始めました。
クランクブラザーズというブランド名は、カールとフランクが親友でありとても良いデザインパートナーであったことから(Carl+Frank=Crank) 生まれました。
機能の刷新だけでなく、美しいプロダクト創り、バイクデザインを美しくしたい、サイクリングとデザインに対する彼らの情熱がこれまでの常識を覆すプロダクトを生み出したのです。
すべてゼロから考えはじめる彼らの独特のスタイルは、MTBペダルに関して、シューズとクランクをいかにしてシンプルにつなぐか、ということからスタートしました。
シンプルでかつ軽量、どこからでも踏めてキャッチしやすい、しかも泥詰まりしない、エッグビーターが誕生しました。
素早くキャッチでき、泥詰りがまったくしない画期的なMTBペダルが出現、とたんに世界中のバイクライダーが絶賛しビッグヒットになったのです。
さらに現在は最高のMTBを完成させるプロジェクトを開始させ、11シリーズからなるハンドルやホイールなどを含めた製品を展開しています。

ヒストリー
創業、素早くタイヤを外すことができるスピードレバーを発売開始
エッグビーターのプロトタイプを開発
革新的なビンディングペダル、エッグビーター発売
ツインペアスポークホイールを発売
夢のバイクを完成させるためのドリームバイクプロジェクトを開始

掲載している情報は、記事執筆時点のものです。価格やスペック、その他情報は変更になる場合があります。

CRANK BROTHERS 公式サイト | クランクブラザース ペダル ホイール ポンプへ戻る