商品情報

ライトウェイプロダクツジャパン㈱ 企業情報

自社商品習熟プログラムレポート_とみぃ


とみぃ:26歳
<身長> 171cm 
<スポーツバイク暦> 浅い!
<バイク> 2009 FELT Z80 510
<すきなこと> 社内の人に自転車の質問をすること
<苦手なこと>
 起床
<自分を一言で言うと…>  ダウンヒルに魅了されています。
<コメント>  来年は野沢で今年より良い順位でゴールしたいです。



  ・インプレバイク : 2009 FELT Z80 510
  <試乗場所> 乗鞍ヒルクライム


■■■■■ 見た目 ■■■■■




見るからに乗車ポジションの快適性を感じ取れるZシリーズです。フレームは鮮やかなブロードレッドですが、サドルとバーテープがホワイトでアクセントがついていてかっこいいです。
シートチューブにある虹色ロゴ(チャンピオンになった事を意味する)もワンポイントになっていて良いと思います。

【 乗った感想 】


通常のロードバイクとは異なりZシリーズは乗車時のポジションが快適です。
ロードデビューの一台にお勧めです。

Zシリーズはヘッドチューブを長くし、サドルからハンドルバーまでの距離を縮めてあり、快適なライディングポジションを確保できます。初心者にとって辛い前傾姿勢もZシリーズだと苦労しません。



■■■■■ スペック ■■■■■

【 フロントギア&フロントフォーク 】

フロントギアがトリプルなので、ヒルクライムが初めての私にはとても心強かったです。レース途中棄権という最悪のシナリオを避けることが出来ました。トリプルありがとう!

カーボンフォークが付いています。カーボンフォークの特徴はアルミフォークに比べ軽量でショック吸収性に優れている事です。
ショック吸収性が高いことは疲労を軽減することに繋がります。ロードバイクに乗った経験が少ない私には違いを感じ取れませんでした。しかし、もしアルミフォークの自転車で走っていたらもっと疲労を感じていたのではないかと思いました。





【 エクステンションレバー 】


ハンドル部分にエクステンションレバーが装備されています。
ドロップハンドルに付いているブレーキだけですと不安でしたが、到着したZ80のエクステンションレバーを目にしたとき、天を仰ぎ一人涙しました。これは本当に助かりました。

 

掲載している情報は、記事執筆時点のものです。価格やスペック、その他情報は変更になる場合があります。

ライトウェイ-自社製品習熟プログラムへ戻る