商品情報

ライトウェイプロダクツジャパン㈱ 企業情報


自社商品習熟プログラムレポート_マット(西尾)


マット:50代
<身長> 175cm
<スポーツバイク暦> 40年位でしょうか?今は月2回くらい
<バイク> 09GT GTR カーボンチーム 520 イエロー 
<自分を一言で言うと・・・> こわおもて…でも中身は優しい!
<何か一言> MTBにも乗れます。来春はDHで富士見に行く予定

 


・インプレバイク : 09GT GTR カーボンチーム 520 イエロー



ファーストインプレッション

(組み立ててみて)

インテグレーテッドシートピラー(フレーム一体型シートピラー形状)、インテグレーテッドBB 、下玉押し大口径化等最新のロードの流行がすべて取り入れられていて、見た目は非常に走りそうなロードです。ホイールがR-SYSからキリシウムSL スーパーライトに変わったのが残念だが、ホイールの赤い部分が目立ち、かっこよくなっています。このスペックで70万以下で買えるのですから、かなりお買い得です。

(初走行)



いきなり、長野県戸隠方面の峠に
持っていきました。(大学時代のサークルの仲間たちと)
以前 乗っていたF2と重量は変わらないですが、
明らかに楽にスーっと進む感じです。




今回はコンパクトドライブ標準という事で
のぼりも体力の衰えをカバーでき、
自転車の性能とあいまって
楽に登れました。 (スピードは以前より上がりませんでしたが)




総合インプレ

  以後、荒川サイクリングロードを走ったり、大井埠頭に行ったりしていますが自転車ははっきりいって良く走り、目立つのですが 、乗っているライダーの問題で本来の性能は出しきれていないと思われます。フレームサイズについては、あわよくばシートピラーを切らなくて済むかもという事でSサイズにしたのですが、(結局5cm位カット)本来の私の身長からしたらMサイズを選択すべきでした。 やはり、標準ではSだと前がつまっている感じになります。もうひとつの問題点はサドルのヤグラの関係で(カーボンベースのみ対応)、サドルの選択肢があまりない事です。

普通のサドルを使うにはインテグレードシートピラーを交換しなければなりません。シートチューブをきるときにはサドルも取り付けて慎重に切る必要があります。 (切る事自体は簡単ですが、戻す事はできないので)また、練習時に予備チューブ等を運ぶにはサドルバッグは付かないのでBBBのツールカンに入れるか、ジャージのポケットにポンプ(BBBのテレロードがコンパクトでお勧め)チューブ、タイヤレバーを入れていくことになります。



しかし、多少の不便を感じてもGTRカーボンチームには、それ以上の魅力が在り、レースでもそのまま実戦で即使えますし、街中でも目立つ事は受け合いです。

今後の変更予定

今後はステム長、ハンドル幅を代えて、エンデューロ等のレースに出たいと思っています。
 

掲載している情報は、記事執筆時点のものです。価格やスペック、その他情報は変更になる場合があります。

ライトウェイ-自社製品習熟プログラムへ戻る